画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

【京都】山科へ行く

f0379049_15353378.jpg



2018年6月17日の日曜、晴れ。

山科の観光に行ってきたのだよ。行った事無いし。

何処がいいかなーと調べた結果、毘沙門堂門跡。それと、勧修寺に行く事にする。

毘沙門堂門跡。JR・京都市営地下鉄東西線山科駅、京阪線京阪山科駅から北へ、15~20分歩いたとこにある。
山科駅から出て左、看板があるからその通りに行ったらいずれ着く。左200m、左曲がって600mだったかな。分かりやすい。

坂を上って行くし朝なら日陰でマシだけど、帰りは暑いかもな~と思いながら着いた。

うおー、階段だーと頑張って上る。まぁ少しだけの頑張り程度ですよ。

門で迎えてくれたのが阿吽の像さま。仁王門ですな。


f0379049_15483784.jpg

f0379049_15483800.jpg

f0379049_15491041.jpg


本尊は毘沙門天、以下はWikipediaより、

『日本では四天王の一尊として造像安置する場合は「多聞天」、独尊像として造像安置する場合は「毘沙門天」と呼ぶのが通例である。

庶民における毘沙門信仰の発祥は平安時代の鞍馬寺である。
福の神としての毘沙門天は中世を通じて恵比寿・大黒天にならぶ人気を誇るようになる。
室町時代末期には日本独自の信仰として七福神の一尊とされ、江戸時代以降は特に勝負事に利益ありとして崇められる』


毘沙門堂(びしゃもんどう)は、京都市山科区にある天台宗の寺院。
山号は護法山。護法山安国院出雲寺とも称す。
本尊は毘沙門天。
天台宗京都五門跡の一であり、山科毘沙門堂、毘沙門堂門跡とも呼ばれる』

HPは→ここ

商売繁盛・家内安全。

晩翠園(ばんすいえん)、宸殿(しんでん)、霊殿(れいでん)、高台弁財天、が主に。

紅葉の季節に行ったらいいだろうね~、山科て。

奥へ進むには料金が500円要る。払うとガイドを渡される。

紙の該当に当てると解説してくれるペンみたいな道具。いいなコレ。

本殿で毘沙門天さまを拝んだ後、奥へと進んで行く。

宸殿には襖絵があるのだけれど、狩野益信の作で、見る角度によって変化して見えるという。

いわばトリックアート。なるほどな~。何故そう見えてしまうのか、結局の所で謎らしい。

それは後で行った霊殿の天井絵でも同じ事。龍の絵なんだけど、ぐるりと一周して見ても、目がこっちを見てるんだよね。不思議。

(- -) 狩野さま、すごいどすえー。

宸殿もさらに奥の部屋に進むと円山応挙の絵がある。

鯉の絵だが見る人に鯉がついてくるように動いて見えるとな。

へー、錯覚面白いな~、うけけ。

晩翠園。


f0379049_18283940.jpg

f0379049_18283982.jpg


江戸初期の回遊式庭園。ここでしばらく座って休む。鯉いるぞ。

ずっと座ってたいけど遅くなるからと出て、隅っこにある高台弁才天へ。

HPに『太閤秀吉公の(母)大政所が大阪城内で念じ、大阪城落城後に(奥方)北政所が高台寺に移され祀られた弁才天であったが、当門跡中興第三世一品公弁親王が巡錫の砌り、庶民福楽の為に、所望せられて当地に勧請せられた』とある。

また、
『インド神話で、河川の女神。音楽・弁舌・財福・智慧の徳があり、吉祥天とともに信仰された。
仏教・ヒンズー教に取り入れられ、ふつう琵琶を弾く天女の姿で表される。
また、日本では財福の神として弁財天と書かれるようになり、七福神の一として信仰される』


芸術や財福の神様ですな。拝む。

門を出て、参道があるけど、ここを行ったら南禅寺とかに繋がっているのかなぁ?、と尻目に、駅へと戻りました。お腹すいたよ。

ラクト(大丸)があるのでランチ。かつ屋でアジフライとヒレカツがセットになったのを注文して待ってたけど遅い。時間的に遅めで人もそんなに混んでるわけでもないのに何故遅い・・

そしてレジでレシートをもらいたかったが切れてて印字されておらず困った顔されたので愛想笑いして「もういいよ~」と言って帰った。仕方ないじゃんよ。そしてなるほど、察するつまり・・

(- -) ベテラン不足。

厨房では頑張ってベテランさんかパートさんが作ってんのかも。表にいてお盆拭いてるのはバイト達。お盆拭くより厨房手伝えないのかなあと思う。ええい、もどかしい、気がきかん。

これから歩くどー、と宣言してガッツリ食べてから勧修寺

Wikipediaより、勧修寺

『真言宗山階派大本山。山号を亀甲山と称する。開基(創立者)は醍醐天皇、開山(初代住職)は承俊、本尊は千手観音である。寺紋(宗紋)は裏八重菊。皇室と藤原氏にゆかりの深い寺院である。「山階門跡」とも称する。

寺名は「かんしゅうじ」「かんじゅじ」などとも読まれることがあるが、寺では「かじゅうじ」を正式の呼称としている。
一方、山科区内に存在する「勧修寺○○町」という地名の「勧修寺」の読み方は「かんしゅうじ」である』


京都地下鉄一日券を買っておいたので、東西線に乗って、小野駅に降りて歩いて、迷いそうになりながら何とか着いた。

ちょうどバスで団体客がいた。

入庭すると時々その人たちが道塞いでたが、アジサイがキレイにたくさん咲いてました。


f0379049_18295947.jpg

f0379049_18295976.jpg

f0379049_18295998.jpg


スイレンの池もよい。

面白いのが、所々で続きの道に「進んでもいいが危険」みたいな事が書いてあって、

ええ私は安全な道しか通りませんので(笑)と悠々と帰って行った。合掌。

足場が悪いんだろうね。全く体力に自信がないので冒険しません。ご安心ください。へけ。

午後からものんびりしてたが、時間的に厳しくなって、行こうか間に合うかとの迷いののち、

蹴上駅まで行って、日向大神宮や南禅寺に行けたらと思ったけどやはり時間が無く、やめる。

仕方なーいから、京都駅まで行って、ポルタ街見学して帰る。

夕飯はよく行くレストランで煮込みハンバーグのセットを頼んだけど、早かったぞい、こんにゃろう。

後で連れに聞くと昼のあれはきっと仕込みの切替の時だったかもよと・・

自分らの後で来た人達の注文のはまあまあ早かったみたいだから。そうかい。

そういえば土産買ってないじゃん、何が名物だったんだろな?

帰りで発見、



f0379049_18341970.jpg

f0379049_18341932.jpg

へー、名神てここから始まったんだーと関心。起工の地って山科だったんだ。ほうほう。


以上、散歩でしたぁ!!



[PR]
# by ayumikantarou | 2018-06-17 22:17 | 【京都】気ままに歩く | Comments(0)

【三重】伊賀上野城へ行く

f0379049_05584454.jpg

2018年4月29日の日曜、天気晴れ。暑い。


伊賀へ行って来ました。伊賀上野城を見に。


■伊賀上野城


HP→こちら

三重県伊賀市上野丸之内(上野公園)にあった日本の城(平山城)である。白鳳城、伊賀上野城とも呼ばれる。

昭和42年(1967年)旧城域一帯が国の史跡に指定されている。

城を含めた近隣一帯は上野公園として整備されており、松尾芭蕉を祀る俳聖殿や芭蕉翁記念館があるほか、伊賀流忍者博物館があり、伊賀上野の観光地として利用され、各種イベントなどが行われている。

長年日本一といわれてきた藤堂高虎の高さ約30mの石垣や三重県立上野高等学校敷地内に武庫蔵が現存し、米倉は博物館の一部として上野公園敷地内に移築現存する。

現在、天守台にある3層3階の天守は昭和初期築の模擬天守で、正式には伊賀文化産業城という。


Wikipediaより。


城を見たくて行ったんですが、


市街地あげてで「忍者フェスタ」してました・・


巻き込まれた感じです(笑)。


柘植までは「甲賀」忍者の列車に乗ってったと思いますが、


そこからは「伊賀」忍者に。どっちでもいーよ、もう。



f0379049_05581832.jpg


(- -) 忍者って何十もの流派があるみたいだけど、中でも群を抜いてその甲賀と伊賀が凄かったんだって。


伊賀の方が呪術に長けてたとか。へー。



f0379049_05581717.jpg

f0379049_05581876.jpg





駅に着くとホームの所々に忍者がへばりついており、


忍者の仮装した人々が歩いていました、京都で着物着てると割引とか優遇される特典があるように、忍者を着たお子様なんぞは何かいい事ありそうです。


行き方は、JR柘植→JR関西線に乗り換えて伊賀上野駅へ→伊賀鉄道に乗り換えて上野市駅。


なんだ簡単じゃん、と思ってたら大間違いだ。不便だ。何故か。



f0379049_05581821.jpg


同じJR内にも関わらず、関西線でイコカ(ICカード)が使えない!

駅員さんが少ない、一人か!?

1時間に1本。少なッ。

・・等々。


こりゃー、大変だ。のんびり覚悟。


忍者フェスタのおかげで臨時とかあるのだろうけど、もっと人来たらどうなるんだろ、駅員さんが気の毒な気がする。上の人、何とかしてあげてよって思う。


(- -) イコカ通すために一旦、改札口出ないといけないけど人が並んでて通れないとか、どうなのよ・・


駅員さんはいい人っぽいけど。分かりにくいなあ、ほんとに。


f0379049_05581660.jpg


柘植駅に降りて待ち時間が50分くらいあったから出て観光できないかと思ったけど道分からない、案内図あっても。駅員さんに聞くとやはり観光は無理そうだな、時間的に。でも親切に説明してくれたりパンフもらったよ。



f0379049_05581740.jpg
f0379049_05581766.jpg


松尾芭蕉の生誕地だそうで、小さい芭蕉さんや俳句が飾られていた。一句も詠まなかったけど。


貼ってた指名手配犯の顔写真を見ていて、さっき座席で隣にいた高倉健風の人に似てるなあと思った。寺庄駅で降りていったけど。

f0379049_06064664.jpg
f0379049_06064631.jpg




f0379049_05581797.jpg

伊賀鉄道、来た途端、メーテル号がきたとか思っちゃいました、銀河鉄道の。空飛んでいきますかコレ。


メーテルじゃないけど松本零士さんデザインでデコされてた電車。なんと・・



f0379049_06064647.jpg
f0379049_06064714.jpg
f0379049_06064583.jpg


上野市駅で降りてすぐ、メーテルと哲郎の像がありました。こんな所で出くわすとは・・


上野駅周辺でお昼食べるとこ探し、近くに忍者定食っぽいものが食べられそうなとこあったので、外で並んでたけれど・・暑いっ!


なのでもう少し歩いて、農家レストランに入りました。席あいてた。


忍者にこだわらなかったらいいんじゃないかと思いました。うん。城を見に来たんだったよね。うん。


和風ハンバーグ定食を食べました。伊賀牛です。サラダはおかわり自由でした、店員のお姉さんが親切で良かったです。

ハンバーグ美味しい!


メニューの中に忍者コーヒーがあった、どんなんだろ。でも無視。


人が多くなってきたので出ました。近くのうどん屋も並んでいたね。行列嫌ー。



f0379049_06064592.jpg


だんじり館」へ行きました。ここにも行列が。


並んでみたけど違ったみたい、仮装レンタルの列でした、また忍者か!(叫)


ここと、城と忍者博物館の3館共通券があり少し安くなるのですが、購入。


行列のせいで入口が分からなかったけど聞いたら親切に案内、説明までしてくれて助かりました。



f0379049_06064531.jpg
f0379049_06064560.jpg


2Fまであり、1Fにはだんじりで使用されてたであろう神輿のよーなものがたくさん展示。2F部分にスライドショーがあって、座りながら観てた。


祭りの様子、鬼がたくさん。賑やかだぬ~、っと。


スタンプも5か所くらいあった、押しまくる。このスタンプを集めて何かもらえるのはお子様だけらしいな、ふ。


どうでもいいけどスタンプ台はきっちり閉めとけ!、っとと。


最近、ドアとか「開けたら閉めない族」に腹立ちます。年でしょうか?(笑)

城へと向かう。途中で「芭蕉翁記念館」を見つけて、入る。


正直、そこまで興味は無かったんだけど、その気になって見学した。ははは!


書物、掛け軸、茶碗、等々。


一句も思い浮かばないなあ、頭固くなってるなあ我。ふがっ。


トイレ男女共用。誰も居なかったけど。


出て道なりに歩いて行くと、分かれ道が。オカンの選択で「忍者博物館」の方へ行きました。


f0379049_06064654.jpg
f0379049_06064660.jpg

忍者のからくり屋敷。ガイドの忍者お姉さんがからくりを説明。


忍者ショーが奥で始まったけど行かず。展示品見てました。


俳聖殿」という、芭蕉の為に建てたような建物ありました。中には入れませんが、隙間から中が見えます。


あれは芭蕉かな?な像がありました。ひんやりとしてて涼しそうな中。暑いなあ今日は・・


石段あったけど頑張って歩いていく・・



f0379049_06160952.jpg
f0379049_06160865.jpg
f0379049_06161061.jpg
f0379049_06161080.jpg



3時回ってるぞオイ、って感じでやっとこさメインの城に着きました。松本零士に芭蕉に忍者、寄り道多い。


長年日本一といわれてきた藤堂高虎の高さ約30mの石垣・・が有名でしたね。



f0379049_06160857.jpg

f0379049_06160979.jpg


休める所が多いし、天守閣からの眺めは天気もいいし風も強くて涼しいし。ほあ~、気分いい。


高石垣は確かに高い! 学校があったのですが吹奏楽部が演奏してたよ、パトラッシュ!と叫びました。らんらんら~ん、らんらんら~ん♪


土産屋さんで「かた焼ばっかりだなぁ」と呟いてかた焼買いました。饅頭や味噌や漬物や酒、忍者グッズもあったよ。


友人用に日本刀式の耳かき棒を買いました。じゃぱん、です。



f0379049_06160975.jpg
f0379049_06160917.jpg
f0379049_06160991.jpg


疲れてきましたが帰路です。先に切符は買っておいた。その方がいいかもだな。


イコカ使えたらいいのになぁ、ほんと。


柘植に着いたら向かい側に草津線が来てたんだけどイコカ通すためにわざわざ階段だか使って改札口まで行かないといけんのかここは。


そんな事してる間に電車行っちゃったらどうするんだ、1時間に1本とかだぞ、逃すと痛い。


そして次発は何時だー、って感じ。


案の定、待ち時間がそんなに無い。持ってた切符を回収しないのかなーと駅員さんに聞いて何とかして下さいました。ってか1人かーい。


せっかちには向かんな、ここ・・


旅は、以上です。




続き・・


帰ってから、ビッフェレストラン行きました。


そういえば弁当もソフトクリームも見かけてないなぁと思ってたけど、ソフトクリームは食べれた(喜)。


お腹苦しい~@


夜中、ヨガとフラフープをゲームでして寝た。満足。




[PR]
# by ayumikantarou | 2018-04-29 21:53 | 【三重】気ままに歩く | Comments(0)

【奈良】飛鳥寺へ行く


f0379049_03402346.jpg

2018年4月21日、土曜。めっさ晴れ。

奈良県、飛鳥方面へ行ってきました。


奈良市よりも南。吉野の方面にもなるんですけど、飛鳥京とか、古墳とか、大化の改新、聖徳太子とか、歴史においては面白い所です。聖徳太子は実在しなかったとか言い出したり世間。


お得なフリーきっぷが何種類かあって「どれがええんじゃ」と考えるのに疲れたっ。


バス、電車、徒歩。電車だってJRと近鉄。バスだって同じ奈良交通でもこのきっぷほんまに使えるのかとかどう使うのとかバス停どこよとか。まあ疑問がたくさん。結局、行ってからにしよと。へい。


(- -) まあ準備からが旅の味。これをいかにか素早くできる様になりましょ。


朝6時起床。まずは京都駅へ向かう。朝が早いので店開いてない。宝くじ買えない。ATMは開いてる。さすが京都駅、人は多いね早朝でもと。


近鉄で、「奈良遺産フリーきっぷ」¥3,000ばーじょんを買う。


開始から3日間使用でき、フリー区間までの近鉄往復分(ゆき券+かえり券)+近鉄フリー区間乗り放題できる券+一部の施設で割引いてくれる券。


最初にJRから乗って運賃を計算していくと、きっぷの方が安いのか高いのか・・


日帰りだし勿体ないなーと思うのも仕方ないが、初めて行く所で迷うだろうしバスは気兼ねなく使いまくりたいし。などと、考えた末に近鉄の案内のお兄さんとも相談したけど。¥3,000ばーじょんにした。さてどうなるやらで。


使い方を聞き。トイレ行った後にホームへ行ったら既に出てしまったらしく次発を待った。


橿原神宮前駅までは急行で乗り換えずに済んだ。同じ近鉄内でも線が違うからなあ。調べた時に2回は乗り換えるのかと思ったら1回で済んだ、飛鳥駅へ到着。



f0379049_03402362.jpg


そこにある「飛鳥びとの館」で「飛鳥王国パスポート」¥100を購入。


これがあると地図や解説が載っているし、施設等の割引券が付いている。


駅の周辺は、レンタサイクルが多い。行ってから納得するが、歩くとどこも結構歩く。


(- -) カーブが多い山道だわ。


飛鳥駅の周辺に多分野菜とかの直売所があった。弁当あったのかなぁ。


お昼ご飯をとりたかったので探す。まず行きたいのは高松塚古墳だったけど、バスが1時間に1か2本。時間が空き、近そうだから歩いていくかと行ってみるが道間違えてて少し時間ロス。


アプリでググって現在地調べて。まあ何とか着きました。看板少ないよなぁ(涙)。



f0379049_03402350.jpg

古墳、あったけど「盛ってるだけじゃん・・」と本音を。高松塚壁画館、行きましたよ!(叫)


高松塚古墳(たかまつづかこふん)は、奈良県高市郡明日香村(国営飛鳥歴史公園内)に存在する古墳。
藤原京期(694年~710年)に築造された終末期古墳で、直径23m(下段)及び18m(上段)、高さ5mの二段式の円墳である。
1972年に極彩色の壁画が発見されたことで一躍注目されるようになった。
2009年に本来の形状に復元され、一般に公開されている。


Wikipediaより。教科書で見たさ、仙女みたいな絵(仙女じゃないけど)。「発掘の始まったきっかけは、1970年の10月ごろ村人がショウガを貯蔵しようと穴を掘ったところ、穴の奥に古い切石が見つかったことである。」とも書いてあるねWiki。ショウガはどうなったんですか、気になります。


保存上で一切公開されないから壁画館つくってそこで模写とかした物を展示してるんだってさ。


棺の周りに四神が描いてあるけど南の朱雀(かどうか不明だが)は無くて、盗掘の時に無くなったのかと推測されている、らしい。


天井には星宿図が描かれ、道中でおばちゃんがゴーグルみたいなのをくれて見たらバーチャルで星宿図が見れた。「ふしぎ遊戯」を思い出したわ。心宿様。たまほめ。


歩いて歩いて山道をぅ・・


途中で「文武天皇陵」がありましたが、外見だけ。


さてバスで、石舞台古墳へ。ここに行くまでにもバス待った。暑いぜ。



f0379049_03402483.jpg


石舞台古墳(いしぶたいこふん)は、奈良県明日香村にある古墳時代後期の古墳。国の特別史跡に指定されている。
元は土を盛りあげて作った墳丘で覆われていたが、その土が失われ、巨大な石を用いた横穴式石室が露出している。埋葬者としては蘇我馬子が有力視されている。


Wikipediaより。内部が公開されているので玄室内に入ることも可能。



f0379049_03402459.jpg
f0379049_03402401.jpg

f0379049_03402458.jpg

入ってみた。涼しい。うん。

神秘的な感じはしたな。うん。涼しい。



f0379049_03402378.jpg
f0379049_03402368.jpg

古代米ソフトクリーム
が気になりました。古墳を訪れる前に先にお昼ご飯を食べましたが、他にも和食レストランとかあったのに気づかずに(「お食事処」と書いてあるのを見て突進してった)。後でシマッタ、とか思いましたが、入った所のでも、土地の野菜とかを使った料理で美味しく頂きましたです。


レストラン、ポカフレール。あすか夢の旬野菜館内にある。明日にでも忘れそうな名前です。記録。



f0379049_03511196.jpg

ワンプレートランチ。ジャガイモのスープ、紫色のポテトサラダはデザートかと思った、しかもさつまいものスティックが刺さってる、真鯛のキッシュ、古代米(赤飯?)、自家製パン、などなど。


メニュー少ないけど、まあいいや。ごちそうさま。




f0379049_03402335.jpg


またバスで。次は飛鳥寺~、ここメイン。


飛鳥大仏前
で降りる。大仏?




f0379049_03521791.jpg

お堂に入ると座る雰囲気。空いてる所に座ろうと・・なんと大仏さまの真正面。ほやあ。



f0379049_03521780.jpg

(- -) じゃあ気合入れます。拝み。


和尚さんが登場、解説始める。いい感じの方だった。大化の改新の事、大仏の復旧、大仏さまを最近調べて、ほとんどが銅で飛鳥の頃から今まで残っていたのだという事が分かった事など・・


勉強になって、あたりを歩く。「万葉乙女」というお菓子が気になった。牛乳を使っているのか、美味しそうだけど高いかなとか考えた。6個入りで¥1,600か。ううむ、うーん。


土産屋で、ほうじ茶クッキー買いました。試食が美味しかったから・・


仕事でお菓子作ってるから興味は少々あるんだな。食べすぎない様に注意しながらで。個数多いと食べきれないし。オカン達、糖尿病だし。


もう一つ気になったのが、蘇(そ)のお菓子。小さい箱の方が売り切れ。蘇とは乳製品、古代チーズの事だが、食べてみたかったなーと。



f0379049_03521707.jpg
f0379049_03521790.jpg

飛鳥寺、近くに蘇我入鹿の首塚があるらしく行ってみた。



f0379049_03521640.jpg


畑があるなか、ぽつんとあった。この下に首が眠っているのかなぁ。畑がキレイだなぁ、あれってネギ?、玉ねぎだよと教えてくれた。



f0379049_03521684.jpg
f0379049_03521607.jpg

何かの跡地があったが(飛鳥寺西門らしい)、そこを通って行く人々を眺めた。私らも通ったけど、ここって通っていいのかなあと通った後で思う。いいんだろ。


歴史が身近というか、一体化してるのだろうか生活。


四神のキーホルダーで、青龍のカッコイイのがあって迷った。開運なぁ。多いし増えてもなぁ、うーん。

行きたいとこ巡り終わったので、どこ行くかとなり、バス道戻るが「万葉文化館」に行く。


入館料が¥650。やめた(笑)


前で万葉っぽい衣装着たお姉さん達が居た。いいモノ見れたかも、ってオッサンか我。


もー疲れてきたから帰ろうか~、とバス待ち。目の前に観光客の団体が通過。亀の何かを見にきたみたいだ。か~め~♪


飛鳥駅に戻るか、橿原神宮前駅に戻るか。橿原の駅の方に行った。


奈良弁当を買ってくると言っていたのだが、弁当ねえ!(笑)


飛鳥駅のとこってあるかなぁ、とバスがまだあったので、バスで飛鳥駅に行くが、


後から考えたら、せっかく近鉄区間内フリー券があるのに使わなかったんだと後悔。使えば5分くらいで着いたものをバスで40分くらいかかった、素晴らしいタイムロスorz


時は18時前。店閉まってるだろうし、っていうか弁当無い。やはり。溜息。


(- -) 疲れてくると思考力が低下する。


じゃー帰ろうか諦めて、と橿原神宮前駅に戻ると、次発の電車、待ち時間があった。


駅の構内、土産屋覗くと・・


柿の葉寿司、売ってる。が、わさび葉寿司?


おにぎりみたいに見えるが、目新しいので買ってみた。翌日のお昼に食べたけど、美味しかったです。


それはそうと、蘇のお菓子、売ってた(喜)。


買っちゃった。迷いなかった。ほほほ。




f0379049_03521657.jpg


京都へ帰りました・・行きも帰りも東野圭吾の本読んでた、古いけどスチュワーデス事件簿みたいな内容。スチュワーデス。古いな、うん。でも途中まで読んだけど面白い。


京都駅に着くと伊勢丹のとんかつ和幸さんでとんかつ。蟹クリームコロッケ。もう閉店も近かったけどね~


(- -) 隣の席に外国人。待ってた時にも隣は外国人。隣に多いな外国人、今日は。


それに答えている店員さん。社員ぽい人も応対しているようだ。ところでドレッシングなんですが柚子って英語で何ていったっけ、考えてました。


ついでに「おかわり自由」って何ていうんですか、分からない時はジェスチャーでせうか。ご飯、みそ汁、キャベツがおかわり自由です、フリー? わんこそばみたいな手ぶり身振りになるのかなあとか考えてると注文したのが来たよ、とんかつ。


歩きで疲れた後にとんかつ。美味しい・・


さ、とんかつ言ってないで早く帰ろ・・


最後はこんな話で締めくくっていいのかと思うが終わる。


f0379049_03521646.jpg


以上、飛鳥寺の旅でした。



[PR]
# by ayumikantarou | 2018-04-21 23:36 | 【奈良】気ままに歩く | Comments(0)

【京都】鬼やらい・石清水八幡宮に行く



f0379049_11122265.jpg

年あけて2018年、1月28日の日曜日です。

石清水八幡宮へ厄除けに行って参りました。

鬼やらい、という節分の行事が行われていたのですが、13時からと昼からだったので、

朝の時間、早めの昼食をとりに探して探して1軒。レトロ風の店を見つけてそこでおまかせ定食を。コロッケ定食でした。
揚げたてのコロッケ、美味しかったです。

寒かったので・・

八幡宮までは、男山ケーブルに乗って行きます。


f0379049_11122285.jpg



大厄だったため、厄除け祈願して、御神矢を買ってきました。

ききますように~(願)。

本殿の周囲に人が集まってきたので、始まるまで時間はまだあったけど、同じように、待つ。

30分くらい待って、ようやく始まる、鬼やらい!


f0379049_11122206.jpg
f0379049_11122272.jpg
f0379049_11122173.jpg
f0379049_11122294.jpg
f0379049_11122199.jpg
f0379049_11122145.jpg
f0379049_11122194.jpg
やっつけられた鬼さん達。ご苦労さま~~

この後、豆まきの豆が袋に入って放り投げられ配られましたが・・

前にいたおじさんに思いっきり踏まれた豆をゲット。
うう~ん・・

果たしてこれは食べていいものなのかどうなのかを悩みながら・・

前の方へはあんまり投げてくれずで全然ゲットできませんでした。がっくし。

さて、この後はバスで晴明神社へ参拝。

何度も来てますが、厄除けで桃に抱きついてきました。久しぶり~

何かここ好きなんですけど、厄除けの桃が刺繍されたお守りと、心願成就のお守りを買ってくる。

仕事がうまくいきますように!
事故や病気、トラブルが起きませんように!

今年も、頑張るです。

この日、寒かった~

はやく春よ来い。


[PR]
# by ayumikantarou | 2018-01-28 21:10 | 【京都】気ままに歩く | Comments(0)

【奈良】新薬師寺へ行く



f0379049_15395927.jpg

鹿じゃー


奈良行って来ました。


コースは、春日大社→新薬師寺→東大寺


時間があれば唐招提寺とかも行きたかったけど無かった、残念。


1月7日、朝ご飯に七草粥食べて、大阪の方で事故あって遅れてた電車に乗って、


着いたら11時ってところ。お昼食べようか~って「ならまち」の商店街へ行ったら、まだ店が開いてないでやんの・・(11時半かららしい)


お昼は黒毛和牛のしぐれ煮丼とにゅうめんのセットを食べました。三輪そうめん思い出した。


近鉄奈良駅からだと人が多くて飲食店などが多く、賑やかです。ここを通って春日大社に行きます。


バスの1日フリー券を買ったので、乗り降り自由。3回くらい乗れば元がとれます。


近鉄奈良駅から歩いてもいい距離ですが・・


この日、車の渋滞。正月だからかー(汗)。


歩いた方が早いです、みたいな事をバスで運転手さんは言っておられました。なのでお言葉に沿いまして途中降りて歩いて行きました、てくてく。



f0379049_15395085.jpg
f0379049_15393922.jpg

春日大社やー


世界遺産です。


今年で創建1250年みたいです。厄除けに。


なんと自分、数え年で大厄です。ええっ、そうでしたっけ!? 去年か一昨年くらいに済ませたと思ってたけど、どうなってんの!? って感じです。


おみくじも末吉だったし、今年はあんま良くないです、うう、大人しく過ごしたいです。はい。


厄払いで拝んで次いこか~って、休み休み。お昼食べたあとから暑かった、かといってマフラーとかとると汗で冷えて・・調節が難しいですが、いい天気でした。


もうすぐ若草山の山焼きがあるそうです。第4土曜かな。いつだったか、見に行った事がありました、寒かったのを覚えてる。


鹿も多いですー


新薬師寺へ行きました。


『寺伝によれば天平19年(747)に光明皇后が、聖武天皇の眼病が治るように行基に建立させ、七仏薬師如来を安置したといわれています』


病気回復のために建てられたんですね。必見は十二神将立像。薬師如来坐像を囲うかのように並べられていたのですが、それぞれに干支が。自分、戌なんですけどバザラっていいましたっけ、守ってくださる神様です。


詳しくは→十二神将


ロウソク立ててきました。ライターで火傷しそうになった(汗)。


カッコイイ神将さまでした。バザラさまは、左手で拳を、右手で剣を・・ぷはぁ~

ぜひ行って下さい、迷いが断ち切れるかも。


清々しい気分になって、ちょっと道に惑いながらも東大寺に向かいました。寒かったからバスにちょい乗り。フリーパスはいいですな。




f0379049_15392573.jpg
f0379049_15401594.jpg
f0379049_15400811.jpg


東大寺ですが、何回か来た事はあります。修学旅行でも行ったっけな。大仏も見たしー。


大仏見るかな、どうしようかなーと迷ってやめる。お守りとかは、中に入らないと買えないみたい。


実は、篠原ともえさんデザインの朱印帳があると聞いて来てみたんですが・・


東大寺HP


朱印帳は一冊も持ってないから買ってもよかったんだけどな。まあいいや、また今度~。


傍にあった手向山八幡宮へお参りしました。


八幡神社は戌亥八幡と呼ばれ、戌年と亥年の守り神さんとされています。全国には多くの八幡さんがあります。


犬はお産が比較的軽いとされることから、安産の守り神として親しまれてきました。さらに戌の干支の特徴として、勤勉で努力家とされているそう。


(- -) 今年頑張るワン166.png


この時にはもう15時半。到着遅れたし、体力もそんなにないので、今から唐招提寺とかって時間的に厳しいなぁ・・


唐招提寺とかは、駅の反対、離れてるので・・


間に合うかわからんけど、駅へ向かいましたが、バスないし断念。お土産買って、早めの夕ご飯食べて、寝ながら帰りました(お土産の袋を持って電車で座ってたら寝て2回落とした・・)。


つかれたー


体力つけたいわ今年!


ガシャで「しかまる」くん? の巾着袋を3回したけど、欲しかったデザインが出てこなかったし1つはダブった。売ったろか、ええい!


(- -) 最近は売るのも面倒くさがっている自分。


f0379049_15402634.jpg


東大寺は道で鹿のフンが多かったなー


デジカメ忘れたのを気づいたのがだいぶ遅かった。何でやねん。


年末からの疲れがきてたので、今やっと休めているかなぁ。眠いんだよなぁ、毎日。


やる気スイッチを求めて・・


仕事と家、今年も頑張ろー


はい、お参りでした。


そういえば、伊勢は大賑わいかな? 「おかげ犬」で・・


[PR]
# by ayumikantarou | 2018-01-07 22:29 | 【奈良】気ままに歩く | Comments(0)
トップ

何やかんやで記録しておく日常。
by あゆみかんたろう
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログジャンル
カテゴリ
タグ
最新の記事
【京都】山科へ行く
at 2018-06-17 22:17
【三重】伊賀上野城へ行く
at 2018-04-29 21:53
【奈良】飛鳥寺へ行く
at 2018-04-21 23:36
以前の記事
外部リンク
メモ帳
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル