画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

【愛知】明治村と犬山祭

2016/04/02(Sat)
meiji_09



2016年4月2日、土曜。晴れ。

愛知県の、博物館明治村へ行って来ました。
今回で2回目になります。

ここは明治建築を保存展示する野外博物館として、昭和40年3月18日に開村されたそうです。

設立経緯を読むと、昭和15年に鹿鳴館の取り壊しがあり。その他、明治建築は戦災や震災により多くが失われていったそう。
それらを守るため、働きかけた人々によって、この広大な施設ができたというわけです。

村内の敷地は広く、1丁目から5丁目までとエリアに分かれているのですが、
のんびりと村じゅうを歩いていたら気が付けば一日かかってしまいそうです。

前回も行きましたが、一時間や二時間じゃ充分に見回れるはずもなく(バスの待ち合わせ時間にはギリギリだった事を覚えている)。

当日のバスツアーではまず、出発時間には間に合いホッと一息ついていると、どうやら一組だけ来る途中で電車の人身事故に巻き込まれて急ぎタクシーで向かう羽目になった人たちがいるらしい。

ちょうど自分たちの前の席の人たちだったのだけれども。

15分程度の遅れで、バスは出発。道中、後半で行く予定である犬山祭の状況を聞く。

犬山祭をこの日に聞くまですっかりと忘れていましたが、2日と3日の2日間に行われ、この期間は当然ながら人の混雑や車の渋滞が凄まじいらしい。

添乗員さんたちが渋滞をよく気にしていた。




meiji_01



meiji_02



meiji_03




明治村に着くと、ガイドさんが付いてくれて20~30分はそれに同行しなければいけないらしい。

この時間が勿体ないなーと連れと話しながら前回と同様、正門から近くの2丁目に行きまして、

村長室や東松家住宅、京都中井酒造、遠目に見えたドラマのロケ地など、施設を眺めながら歩きます。

歩いたのは「レンガ通り」と言われる道。明治っぽさがうかがえます。

カレーぱんの店があったけど、いい匂いがしていたなあ。

ガイドさんの話で、松島奈々子さんが座ってたバス停エピソードがあった。

本人と気がつかずに通り過ぎてしまったそうだよ。

よくある事だね~

自由行動が開始されると、早速に広場へ。

近くに「入鹿池」という国内最大級の貯水量を誇る農業用ため池(「ため池百選」に選定)があったのですが、そこの横に広場があります。

今回のバスツアーはお弁当とお茶が付いてあって食べるのならそこで食べたらいいと教えて頂いたので、先に食べておいて持ち物を軽くしておこうという事で行きました。

広場では若い子たちやカップルが竹馬とかで遊んでいるし、奥には桜も咲いて、ベンチに座りながら・・で、花見になりました。

前回の旅行で「全然時間が足りん!」と嘆いていたので、どこかで短縮できないかなと考えた末。

村営バスが便利そうにあったので、思い切って使う事にしました。

一日乗り放題なので気が楽です。

予めバスツアーで「京都市電」か「蒸気機関車」のどちらかに乗れる片道きっぷが配られていましたが、市電は村内の真ん中ぐらいまで、機関車は真ん中から北口までしか通っておらず、時間が限られている身としては、時間も少ないので調整が不便だと感じた。そしてこれが当たりだった・・



meiji_04




前回、惜しくも時間が無くて見られなかった5丁目の施設を巡る。

真っ先に帝国ホテル(前に「ああ~」とか言ってサヨナラした)へ赴き、外へ出てのどかな風景を写真に撮る。

そして思う。

手に持ってたお弁当の空箱、ごみ箱に捨ててもいいかな・・(キョロキョロ目)

いーや、捨てちゃえ~!(わー)

捨てた・・


・・後で、「やっぱり持ち帰ろう」とミニチュア展示室を出る時に言い出して戻ってみたのですけれど、他の人も同じく捨てているのを見て「まあいいか・・」と立ち去った。

きっと先に捨ててあるのを見て同じ事を思ったから捨てたんだろうか。

バスの添乗員さんは持ち帰りを希望していたのだが。すんませーん!



meiji_05



食道楽のコロッケーの店の前で何か食べようかと考えるも、健康の事が脳裏によぎるのでやめる。

塩! 油!

いまや敵に思えてね・・




meiji_06



meiji_07



meiji_08




2丁目、4丁目は前回で巡っているので、5丁目を観終わったなと思ったら次は3丁目巡り。

バスで向かいながら「バスだとガイドが流れてるし、楽でいいよね~!」と言っていた我々。

しかし、時間は迫ってきていた。あまり余裕が無い。

やはりか! 今回も!

それはそれで仕方ないなあと、急ぎ足で3丁目巡り。

一番行きたかったのは、北里研究所

ここ行けたら、あとはまあいいやというぐらいの気持ち。

結局、余裕があったら市電にでも乗りたかったけれど、それは時間的に無理。

それと、坂道の先に森鴎外、夏目漱石住宅があるみたいだったけれど。

体力的に、しんどい~(汗)。

・・とかの理由で、それぞれは断念する。

うう、仕方ない・・


・・すると。

席に着いて待っていたらおかしな事に、バスが出発しないのです。

(- -) 何故だ?

と思っていたら、自分たちの前の席の一組が、まだ帰って来ていないのです。あらら・・

同じ人たちで遅刻2回目です。こりゃ痛いな~と思いながら、苦笑いする。

自分の後ろの席のおっちゃんが悪口を言ったが、うーん、口に出してわざわざ言う事もないと思うなー(ますます不快になるし)。

これだからオヤジは、なぁ~と溜息つきながら、バスは少々遅れて出発です。

気を取り直していこー。




inuyama_01




犬山です。

渋滞に遭いながらも、無事に到着。残念ながら犬山城は、入城に待ち時間が60分ほど・・

祭が無ければ普段ガラガラなのですが、大混雑です。

この人の多さを前に、参拝の後でうなだれるのだった・・



inuyama_02



この人混みを突破してやろうとか、そんな気にはなれないっ。

嗚呼、ミュージアムはそこに見えているのに・・



inuyama_03



露店や車山(やま)が並び、賑わしい。

犬山祭は今年の2日が試楽祭、3日が本楽祭。

国指定重要無形民俗文化財で、寛永12年(1635年)に始まる針綱神社の祭礼。

毎年、4月のあたまの土日に行われるそうです。

高さ8メートルもある3層の車山が13輌もあって、笛や太鼓に合わせてからくり人形が舞う。

もし夜なら、365個の提灯のおかげで桜と合わさって城下町は豪華絢爛になるそうです。

うーむ、見事だ。

確かに見事だ。見れてよかった。うむ。



inuyama_04



そういえば神社のすぐ傍らに「三光稲荷神社」があるのですが、

ここで銭を洗うとお金が倍になって返ってくるとかの言われがあるそうで。

ドラマか何かで取り上げられて、知名度が一気に上がったそうですね(半沢だったかな・・)。

銭とか、お札や宝くじ。

持っていってザルに入れて、是非洗ってみて下さい。

添乗員さんは宝くじを洗って、ちょびっとだけ増えたらしいです。

うわぁすごい。本当に増えているのがすごい。



inuyama_05



お土産で、きしめんを買いました。

バスに戻ってきてみると、結構、皆早い・・

早くに戻ってきたんだなぁ(城が60分待ちじゃあねえ・・)。

もう遅刻者はいませんね、さすがに。



 *


持参した本を読みながら、帰路につく。

帰りはスムーズで18時とか、そんなもの。

帰る時に寄った、多賀PAで買った近江牛の弁当と家の残りのおかず。

美味しかった。

多賀PAは広くて、お土産もだいたい揃っているほど。見るの楽しいね~


以上、日帰り旅行でした。



[PR]
by ayumikantarou | 2016-04-02 22:00 | 【愛知】気ままに歩く | Comments(0)
<< 【滋賀】道の駅めぐり 【京都】東寺と三十三間堂 >>
トップ

何やかんやで記録しておく日常。
by あゆみかんたろう
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログジャンル
カテゴリ
タグ
最新の記事
【京都】山科へ行く
at 2018-06-17 22:17
【三重】伊賀上野城へ行く
at 2018-04-29 21:53
【奈良】飛鳥寺へ行く
at 2018-04-21 23:36
以前の記事
外部リンク
メモ帳
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル