画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

【滋賀】琵琶湖一周(余呉・新旭)のちょい旅




滋賀JR

(滋賀県草津線複線化促進期成同盟会より)
www.pref.shiga.jp/c/kotsu-s/kusatsusen.html



2012年5月19日。快晴かもしれないこの日。

琵琶湖一周の旅をして来ました。


奥びわ湖来訪HP↓
www.okubiwako.jp/food/yogo.htm


来月の3日まで、JR西日本等で使える春の関西1dayパス、というのがありまして、
tickets.jr-odekake.net/shohindb/view/consumer/tokutoku/pamph.html
これを使って「琵琶湖一周の小旅」をして参りました。
細かく運賃を計算してみると、琵琶湖一周分はパスの代金¥2,900とさほど変わらないんですが、
1日何処のJRの駅からでも乗り放題降り放題ができるということで、とっても気が楽なのです。
そこがフリーパスのよい所。
まぁ、利用にあたって気をつけないといけないのは、琵琶湖から北の方とか北西に行くと、人が少なく電車が1時間に1本とか、悲しい現実が待っているのですが…。辺鄙な所だと、降りても次の電車を待たないといけないという。
ですがまぁ急ぎでもなければ。運賃に気兼ねなく、のんびりとした旅行ができます。

で、

あんまり北と湖西へ行ったことがない自分は、そこを中心に道中、連れと相談しながら降りるかどうかを検討してみる。
しかし北は山から山でまた山で。田んぼに畑に鳥。カエル。1時間に1本しか来ない電車。
まぁ、電車に揺られつつ降りるかどうかを考えつつ、下手に降りれなかったと(汗)。
彦根や長浜は以前に行ったことがあるため、そこは避けて。
1日しかないので、主要観光地はスルー。

最初に行き着いたのは、余呉湖のある余呉駅でした。


yogo_02



yogo_03


余呉湖です。羽衣伝説があります。

羽衣伝説(はごろもでんせつ)は日本各地に存在する伝説。その多くは説話として語り継がれている。最古の羽衣伝説とされるものは風土記逸文として残っており、滋賀県長浜市余呉湖を舞台としたものが『近江国風土記』に、京都府京丹後市峰山町を舞台としたものが『丹後国風土記』に見られる。どちらも1200年以上前に書かれたものであるが、特に『近江国風土記』に書かれている件が日本最古の羽衣伝説として有名である。他の地方での羽衣伝説はこれら最古の伝説が各地に広まりその地に根付いたものと考えられる。最も有名とされているのが静岡県静岡市清水区に伝わる三保の松原。なお天女はしばしば白鳥と同一視されており、白鳥処女説話(Swan maiden)系の類型といえる(白鳥処女説話は異類婚姻譚の類型のひとつ。日本のみならず、広くアジアや世界全体に見うけられる)』

Wikipediaより↓
ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%BD%E8%A1%A3%E4%BC%9D%E8%AA%AC


しかしその伝説がある羽衣をかけた柳とは、何処にあっただろうか…。
釣りしてる人しか見えないよ。何処~?


yogo_04




駄目だ見つからない。断念。
ちなみに、羽衣はお土産屋さんに売ってました。オイオイ。


1時間があっという間に過ぎたら、余呉駅に戻る。
余呉駅から少し歩いた所に観光案内所みたいな所があって、軽食店では沖縄そばとか(何で沖縄?)食べれたりする。黒豆入りのお餅があったので、買って食べてみる。


yogo_01


始めは「美味しい」と頂いていたのですが、段々と甘くなってきた。甘すぎたか
暫く、口の中に甘さが残っていました(汗)。



yogo_05


次に降りたのは、新旭駅です。
武将の像がでん!とあったので、近くから写真撮影と観察を。なのですが。


yogo_08


yogo_07


yogo_06



股に馬? 謎です。

周りを調べてみても、像の云われが不明だったのですが…。
きっと何か壮大な意味があるんでしょう(ほんとに?)。ええ。
きっと降りたくなるまち・しんあさひ、だそうです(うろ覚え)。

新あさひ風車村まで行きたかったので、バスが無いかを探してみましたが、
よく判らなかったので、駅員さんに尋ねた所。バスは無く、歩きだとだいたい15分かかるとか。
コミュ二ティバス停はあったのですが、平日のみ運行とか書いてあったので、まぁ15分程度なら…とか考えて。
歩いていくことにしました。だいたい3.3kmらしい。ハテ15分で行けるのか?という疑問をよそに、ひたすら教えてもらった道をえんえんと真っ直ぐと。

歩道がない。工事してたけど。
田んぼが広がる。
人がいないー。

そして着いたのは1時間弱後。オーイ、駅のおぢさん(w;
足は遅いですが、徒歩15分どころじゃないよ、それ車の場合だっ。
なんてことを私の中の100人の私が訴えているのですが、まぁ雨でもなかったし、善しとしよう。
道中、蛇が道を横切っていったり「うぎゃー」と悲鳴が心の中で叫ばれましたが、
無事に目的地まで辿り着けました。ええ…。


yogo_09



しんあさひ風車村です。

オランダのイメージがありますね。道の駅でもあるんですが、
休日でもあって人が多かったです。

(HP)business4.plala.or.jp/fusha7/


来月の8日まで「ルピナスまつり」をしています。この前に立ち寄った余呉駅の観光案内所でもらってきた割引券がありまして、なんと入場料が半額の250円。ラッキー。
ルピナスが終わったら続けて30日まで「花しょうぶまつり」があるのですが、この券がまた使えそうです。1枚につき2名まで。

とりあえず着いて…

ランチバイキング¥1000は止めて、¥980の海鮮丼を…。
2階のお座敷で(すいてたw)足を伸ばして寛ぎながら。思い出してみちゃ、ここまで徒歩。時間はとっくに1時すぎという。お腹ぺこぺこです。
はやくきてご飯ー@


yogo_10


来たー(涙)ww


yogo_11



色々とのってますよね。鰻とマグロだー。
今なら何でもいい←。お腹すきました。


yogo_12



無言で食べます。はうー。
レストランがあってよかった。なかったら行き倒れ(大袈裟な)。
店の方も忙しながら対応してくれ親切でした。よかったよかった。


yogo_13


風車は回ってないんだなー。さて。

アヒルとか猫とかいたのですが、素通りして歩く。
ルピナス園に行きます。


yogo_14


空に向かって伸びています。何か面白い姿ですね、こうやって見ると。
若干、花が少ないような気がしたのですが、まだ咲いてないのかしらん。来るのが早かった?
それか遅咲きだったのかな?


yogo_15


yogo_16



yogo_17



yogo_19


yogo_20


整っているという意味で、綺麗でした。
そういや春だったんだよなぁ、桜ぐらいしか関心が向いてなかったよ。
道中、たんぽぽやシロツメグサがたーくさーんあったのを思い出して、「そういや野花とはこんな感じだった」なんて思い出していたのでした。家にいてちゃ忘れてまうなぁ。反省。

昔、蛇の抜けがら自転車で踏んだよね…部活中に田んぼに入った球を取りにいって蛙踏んだり。
要らんことまで思い出しましたが、華麗に記憶スルー。


タクシーだと駅まで帰るのに¥1500くらいかかるだろうと調べてもらって判りましたが、ケチって歩いて駅まで行くことに。
なんのまだ歩けるさ(ぐは)。しかし暑くて喉渇く。
帰りは田んぼ道を歩いてたので、距離が短く感じました。歩道が欲しいよね道路側。
(というか土日にバス運行してくれい)

くたくたになったので、途中に堅田駅とか近江今津駅とかも「どうしようかな」と思ったのですが、降りずに。
山科駅で休憩がてら、出発駅の草津駅に戻ってきたのでした。一周、終わ~り~。
比叡山坂本は、以前に比叡山へ行った時だったと思うけど、降りたことあったかな?


滋賀県って、県の真ん中にどん!っと琵琶湖があり、湖北・湖東・湖南・湖西とエリアで分けて4つなんですが(非常に分かり易い県ですね笑)、山に囲まれ水の資源が豊富(琵琶湖)、しかし北と南じゃ考え方が違うというか、北の人間は中部地方、南の人間は大阪・京都寄りの考え方をしているのが特徴(故に仲がよくなさそうだとも)。
湖北はスキーや釣り等のアウトドア的な観光施設がたくさんあって山も深く雪も多い、
湖西は京都や比叡山が近いので寺社巡りかな、
湖南はあちこちで渋滞するほど県内では賑わってますが、もっと南のほうへいくと信楽焼とか甲賀忍者とか一風変わった文化があります(ってか信楽焼は世界的に有名ですわな)。
湖東は、湖岸近くだと彦根城や近江商人のまちとして歴史的な観光が楽しめるかな。県境までいくと農場とかがあるのですが。
「近江を制する者は天下を制す」とか戦国の世に言葉があるようにまぁ、色々とあって複雑な県ですよ笑。
「福井県・岐阜県・三重県とともに「日本まんなか共和国」を設立し、知事サミットや文化交流事業などを行っている」なんて話があるぐらいなんで、中立精神というか。真ん中好きの自分にとっては好みですが、まぁ言うたら「大人な」県です(じじくさい?w)。

まだまだ滋賀県内を制覇するにはかなり遠い。一周ごときしたくらいじゃあね…。
ではでは、またの機会があれば一周を。

気持ちのよい、ちょい旅行でした。

余談。気になること。

山科駅のホームへ上がるエスカレーターに乗る際、たぶん式の帰りとかだったんだろうと思いますが、数人の団体さんの、1人のおじさんがいきなりヨロけて倒れる。「緊急停止!」エスカレーター止まりました。
後ろにいた人(奥さんかな?)に支えられる格好で上まで上がったのですが、大丈夫だったかな?
たぶん酔っ払い。気をつけよう~。
(- -)お年寄り多いなー。少子はともかく高齢化は凄く感じる(というか自分の行く所が年寄り率高いだけ)。


余談。気になること2。

草津駅で惣菜コーナーにて買い物中。従業員じゃない人たちがいた。警察。
何してるんだ? 事件か? と横目で観察していたら、メジャーで売り場の長さ計ってたり人を置いて写真撮ってたり。つまりは実証検分というやつですか? 一体何があった。

気になる…。

しかしそれより、惣菜物が見たいのに邪魔(おっと)。
何があったんでしょうかねえ?



[PR]
by ayumikantarou | 2012-05-19 23:24 | 【滋賀】気ままに歩く | Comments(0)
<< 【兵庫】播州赤穂へ行く 1 【和歌山】高野山へ行く >>
トップ

何やかんやで記録しておく日常。
by あゆみかんたろう
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログジャンル
カテゴリ
タグ
最新の記事
【京都】山科へ行く
at 2018-06-17 22:17
【三重】伊賀上野城へ行く
at 2018-04-29 21:53
【奈良】飛鳥寺へ行く
at 2018-04-21 23:36
以前の記事
外部リンク
メモ帳
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル