人気ブログランキング |
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ハートが3つ



f0379049_22494168.jpg



f0379049_22494037.jpg



昼に食べた、冷凍食品のミニハンバーグ。

ハートの形が出たらラッキー、なんだが。




f0379049_22494169.jpg




なんと、3つも!(笑)



それだけです…




# by ayumikantarou | 2019-05-18 22:39 | ゆるゆる日常編

【奈良】橿原へ行く


f0379049_22220301.jpg

2019年5月12日、日曜、晴れ。

奈良県、橿原へ行ってきました。

近鉄で急行に乗って、京都から橿原神宮前駅だと74分くらいかかる。

着いたらお昼ご飯。駅中にあった和食屋さんで、唐揚げ定食を食べた。

駅構内は閑散としていて静か、人少ないおかげで広く感じる~。

ファミマが多いな、マツモトキヨシがあった。

先日、徳島へ行く時に車内でいきなり以前に折った肋骨2本を再び折って、

頭ボーッとしながら徳島駅周辺で湿布求めて探して見つけたのがマツモトキヨシだった。

マツモトさんが輝いて見えた。神?

多分これからマツモトキヨシを見たら拝むと思う。ガンダーラ。



f0379049_22215915.jpg


橿原神宮前駅から歩いて10分くらいだろうか、黄色っぽい大きい鳥居が見えてきた。

砂利の敷き詰められた道をじゃりじゃりと歩く。

広い。境内が京都の本願寺みたいだなと思った。

でも本殿の中には入れないんだな。芸人のロザンは奥まで入れたらしいテレビで。

「日本最古の正史ともされる『日本書紀』において、日本建国の地と記された橿原。

天照大神(あまてらすおおかみ)の血を引く神倭伊波禮毘古命(かむやまといわれびこのみこと)(後の神武天皇)が、豊かで平和な国づくりをめざして、九州高千穂の宮から東に向かい、想像を絶する苦難を乗り越え、畝傍山(うねびやま)の東南の麓に橿原宮を創建されました。

第一代天皇として即位されたのが紀元元年、今からおよそ2,600余年前のことです。

日本の歴史と文化の発祥の地でもある橿原は、日本の原点ともいえるでしょう。」


と、HPに書いてある。

日本の始まりの地、である。

かしわら、ではなく、「かしはら」。

あゆみかんは「橿原」を覚えた。書けるぞ!

お守りでヤタガラスが多い、美肌の守りがあって迷うがやめた。



f0379049_22215538.jpg


結婚式やお宮参り客がたくさん居た。観光のバス客も。



f0379049_22215188.jpg


大きなイノシシの絵馬があった。皇后さまが来て記念に歌碑とかがあった。




f0379049_22214702.jpg

f0379049_22214246.jpg



さざれ石って君が代の?

宝物殿があり、刀や焼き物、絵巻物が。皇后さまがお気に入りの鳥の彫刻とか。

休憩スペースが多くて助かるなぁ。暑いから。

宝物殿の休憩スペースで疲れたので昼寝・・

ここから道なりに北へ向かって行くと、神武天皇陵に着く。

木陰で助かるなぁ。

それらしき所へ向かうと、砂利道をひたすら歩き、誰もほぼ居ないので、ただ静かに、墓はあり、




f0379049_22213630.jpg


拝む。

静かだ・・

墓参りだ。

さてここから北の、今井町という所に行きたいと思うが、

歩いていくとどれだけかかるんだろうと距離感をアプリで見ながら考えた結果、

畝傍御陵前駅から1駅の八木西口駅で降りてから行った方が楽かな、と。

畝傍山ってあれかなぁと丸っぽい、山らしい山を見て歩いて駅まで行った。

今井町という町並みは、橿原市の中部、飛鳥川の流れにかかった蘇武橋を渡ると、現在も江戸時代そのままの情緒と風情を残す町。

かしはら探訪ナビによると、

『多くの古民家が現存している今井町の町並みは、歴史的風致を形成している伝統的な建造物群の中でも特に価値の高いものとして、平成5年に「重要伝統的建造物群保存地区」の選定を受けています。

東西約600m、南北約310m、面積にして17.4haの地区内には、全建物数約1500棟弱のうち、約500棟の伝統的建造物が存在しており、これは地区内の数としては日本一を誇ります。

また、国の重要文化財が9件、県指定文化財が3件、市指定文化財が5件と、町内には多数の文化財が存在しています。

当時の地元の建材を用い、職人の緻密な技術を施して建てられた家々は、土地の風土や自然、歴史を色濃く反映しており、民家建築の貴重な財産だといえます。

また、そういった家々が立ち並ぶ様子、地区を取り囲むように設けられていた環濠跡、屈折している通り、牛馬をつなぐための駒つなぎなど、今井町の造り自体にも、商業が繁栄し、外部からの侵入者を拒絶し独立した自治都市を築いた歴史が表されています。

現代にはない重厚な雰囲気の町の光景は、まるでタイムスリップしたかのよう。はるか昔の生活に思いを馳せながら散策すれば、きっと時間もあっというまに過ぎるでしょう。

橿原市にお越しの際は、ぜひ今井町にお立ち寄りください。』



先に、今井まちなみ交流センター「華甍」に寄ってから行った方がいいよ、との口コミで、

そこでマップとかをもらってから出発、散策開始。

そこでは町並みの模型とか、歴史についてのビデオ観たり。

2階では、書や写真の展示会やってた。記帳したけど書展だからか墨で書いた、名前や住所。

そこを出ると、稱念寺(しょうねんじ)に行こうとしたが、

工事中なのか、墓以外入れなさそう・・

考古学研究所付属博物館て所も行きたがったがHPを事前に見たら休館中て書いてて。

また来る時ってあるかなぁと思いながら迷路のような町並みを歩く・・

人が少ない、静かだここも。

スタンプラリーやってるらしい。神宮でもスタンプあったけど、アプリを利用して押す電子スタンプだった。時代だな。

スイーツカフェ等も眺めながら歩いて、足が疲れてそろそろヤベェと思った頃に帰る。

橋を渡る前にパンケーキの店があったが、「痩せろ。」と自分の声がしたのでやめる。

ホットケーキ。って、言っちゃダメなんですか現代。

駅から、終点の京都まで眠った。

隣に座ってたぷっちょい兄さん、

自分の前にキャリーケースを置いていたが、

開けて中の豆のおつまみを食べてた。開けては食い、開けては食い・・

豆臭がする横で着くまで寝ていた私だが、

はじめ74分くらいかかると書いたが、

京都で目が覚めた時でもまだ食べてた。心でツッコんだ。まだ食ってんのかよ。

京都駅に着くと、何故かドアから降りず、隣の車両から去っていった。

どうでもいいけど・・

抹茶の八つ橋(皮だけ)をファミマで買い、JRに乗り込んだ。

お腹がすいた、足が疲れたぁ~。

スマホの万歩計によると、2万歩弱らしい。

歩きまくった一日でした。




# by ayumikantarou | 2019-05-12 22:21 | 【奈良】気ままに歩く | Comments(0)

【滋賀】桜で花見~長等公園まで



f0379049_18192904.jpg

前回の続きです。

三井寺を出発し、歩いて、商店街の方へと行きました。


f0379049_18193500.jpg

f0379049_18194059.jpg

f0379049_18194590.jpg

f0379049_18261078.jpg





琵琶湖疎水沿いに咲いてる桜・・

綺麗やのう、ほんにのう。

バスでおばちゃんが言ってた通り、美しすぃ~~

写真撮ってる人が多かった。

さて、商店街に入っていくわけだけど、

シャッター街か? と思った・・

進むにつれ、少しずつと人や開いてる店が増えていきます。

そういえば、曳山の祭りに来た事があったっけ。

そして見つけたのが、フレンドマート! 平和堂じゃまいか。

お弁当買って、道が行き過ぎていた事に気がつき、方向修正。

遠回りにはなったけど、平和堂に出会えてよかった(笑)。

しかし疲れと空腹のピークが近づいてくる。

何処じゃ~、公園はー、と、見つけた入口を前に愕然とした・・

急な上り坂である。え? 何コレ・・

入口はこっちって確かに書いてある。がびーぬ・・

仕方ないので・・

400メートル。頑張りました。

段々と上がっていくので見晴らしはよろしい。子連れが見えてきた。
賑やかな声が聞こえてきた。花見ができそうだ。
シートを敷いて、買ってきたお弁当を桜を見ながら食べる。
おいしい、サバ弁当。
もう15時まわってらい。

食べ終わって満足した後に仕事先からメールが。
「次の出勤日、休みで」
休み多い・・

さて、この後は、公園内にあった三橋節子美術館へ行きました。

三橋 節子(みつはし せつこ、1939年3月3日 - 1975年2月24日)は京都府出身の画家。
京都芸術大学美術学部出身。夫は日本画家の鈴木靖将。
長男は元バドミントン選手の鈴木草麻生。姪はチェンバロ奏者の三橋桜子。


1973年に利き手の右手を鎖骨の癌により手術で切断。
その後は左手で創作を続けたが、35歳で癌の転移により他界した。
画業に傾ける情熱は、今なお作品に残されていて色あせていない。

翳りのあるタッチと幼子へのまなざしが大きな特徴。
晩年には地元近江の昔話を基にした作品を多く手がけた。


どんな作風なのかなぁと行ってみた。
自分と年も近いし、色々と考えたよ。
北海道とか、遠くから来てる人もたくさんいるみたいだ。
生誕80周年らしい。
日本を代表する女性画家が、こんな所に居たんだな。
利き腕を失う怖さは、想像したくないなと思った。

館を出て案内看板で帰り道を見ていると、館からおっちゃんが出てきて道を教えてくれた。

下り坂でも帰れる道があったみたいで、ありがたい。

すぐ近くに民家があったのは、三橋さんの生家だったのかな?

京阪でもう帰る事にしました。
時間があったら、大津駅に戻って、近くにあるらしい関蝉丸の寺とやらに行ってみたかったのですが。
寺の境内の中に電車が走ってるという珍しい寺で、そう、百人一首のあの人、蝉丸です。
まあ、また行きましょう~。


帰り、平和堂行って、おかず買って帰りました。
今日は一日、平和堂やねという事で。
花見で楽しかった。

まったね~ノシ



# by ayumikantarou | 2019-04-06 22:52 | 【滋賀】気ままに歩く | Comments(0)

【滋賀】三井寺へ行く


f0379049_15163885.jpg

2019年4月6日、土曜日、晴れ。

三井寺に行ってきました。
桜が何処も満開です。

大津駅に降りて、観光案内所で資料やマップ集めながら、
京阪バスを待ちました。
一時間に2本・・
20分くらい待って、本当にバスが来るのかいな? と心配になりながらも、
3分くらい遅れて来ました。

ああよかったと思って乗って、三井寺より先に降りる人がいた時、
琵琶湖疎水の桜が綺麗よ、としきりにおススメしているおばさんがいたのですが、
それより早くバスから降ろしてあげてよ・・
そこへは帰りに行けばいいからと、後ろで思いながら。
(そんな事をしてるからバスが遅れるのだ・・)

三井寺前に到着。
歩いてすぐです。

三井寺公式サイト

以下、サイトのHPから↓

三井寺は、正式には「長等山園城寺(おんじょうじ)」といい、天台寺門宗の総本山です。平安時代、第五代天台座主・智証大師円珍和尚の卓越した個性によって天台別院として中興され、以来一千百余年にわたってその教法を今日に伝えてきました。



f0379049_15164456.jpg



f0379049_15164856.jpg


湖国近江の名勝、近江八景の一つ「三井の晩鐘」でも知られています。

667年に天智天皇により飛鳥から近江に都が移され、近江大津京が開かれました。

672年、前年の天智天皇の永眠後、大友皇子(天智天皇の子:弘文天皇)と大海人皇子(天智天皇の弟:天武天皇)が 皇位継承をめぐって争い、壬申の乱が勃発。 壬申の乱に敗れた大友皇子の皇子の大友与多王は父の霊を弔うために 「田園城邑(じょうゆう)」を寄進して寺を創建し、 天武天皇から「園城」という勅額を賜わったことが園城寺の始まりとされています。

勝利をおさめた大海人皇子は再び飛鳥に遷都し、近江大津京はわずか五年で廃都となりました。


貞観年間(859~877)になって、智証大師円珍(ちしょうだいしえんちん)和尚が、 園城寺を天台別院として中興されてからは、 東大寺・興福寺・延暦寺と共に「本朝四箇大寺(しかたいじ)」の一つに数えられ、 南都北嶺の一翼を担ってきました。

円珍の死後、円珍門流と慈覚大師円仁門流の対立が激化し、 正暦四年(993)、円珍門下は比叡山を下り一斉に三井寺に入ります。

この時から延暦寺を山門、三井寺を寺門と称し天台宗は二分されました。

その後、両派の対立や源平の争乱、南北朝の争乱等による焼き討ちなど幾多の法難に遭遇しましたが、 智証大師への信仰に支えられた人々によって支えられ、その教法は今日に伝えられています。


【不死鳥の寺】とも言われているのですねー。

秘仏の寺であったり、

西国三十三所観音霊場巡礼の第十四番目の礼所である観音堂がよく知られています。

その他にも「近江西国観音霊場・第五番札所(観音堂)」、 「湖国十一面観音霊場・第一番札所(微妙寺)」、 「西国薬師霊場・第四十八番札所(水観寺)」として多くの信仰をあつめています。


国宝級の文化財も多い。

三井寺には実に多くの文化財が残されています。 それはただ単に量的に多いというわけではなく、 国宝10件(64点)重要文化財42件(720点) の国指定文化財が示すように、質の高さは県内はもとより全国でも屈指のものです。

国指定文化財の内訳は、 建造物12件(うち国宝4件)絵画20件(うち国宝2件)彫刻13件(うち国宝3件)工芸3件書跡典籍3件(うち国宝1件)歴史資料1件 と多岐にわたっています。 そのほかにも名勝史跡(庭園)2件、これに県指定、市指定や未指定のものを加えますとその数は非常に多くなります。


弁慶の引き摺り鐘、

天智・天武・持統の三帝が産湯に用いたという三井の霊泉、



f0379049_15165212.jpg

f0379049_15165818.jpg

f0379049_15170844.jpg

孔雀がいっぱい居ました。


f0379049_15171345.jpg

f0379049_15171796.jpg

f0379049_15172280.jpg

羽根を広げてくれないかな~・・と待ってても、そうはいかず。



f0379049_15172730.jpg


f0379049_15493142.jpg

f0379049_15493673.jpg

映画のロケでも使われたスポットもある。


f0379049_15494076.jpg

f0379049_15494431.jpg

三重の塔がでかい。


f0379049_15494828.jpg

曲がってる木があった。


f0379049_15495234.jpg

f0379049_15495859.jpg

f0379049_15500349.jpg

f0379049_15500846.jpg

f0379049_15501459.jpg


最初に入った仁王門は、自分の住んでるとこの近所にある寺との繋がりもあるので(近い!)、ちょっと驚き。

ひと通り見てまわるのに平均1時間くらいと聞いたが、
たっぷり3時間近くかかっている。
所々にお守りが売ってて、
足腰、心、心臓、婦人、眼病のお守りカードとか、
犬親子や琴の音の鈴キーホルダー、
300円のお手軽・般若心経、
べんべん君のホルダーとか・・
結構、変わった物がたくさん。

途中で力餅、売ってたなぁ。

桜だけでなく椿とかも綺麗に咲いてる。

文化財収蔵庫にも行ったら、狩野光信の襖絵が観れた。

弁慶って、実在してたかどうかも不明らしい。
僧の集団の事じゃないかっていう。

西国十四番霊場でもある。

見ごたえたーっぷりじゃないか。

おでん売ってた。

人が賑わう。

13時を過ぎて、13か所の主要スポットをやっとこさ見回り、
お腹ぺっこぺこになりました。
何処かでお弁当を買って、桜の下で食べたいなぁ。
調べてきた所、近くに長等公園という所があるそうなので、
そこを目指して、出発したのであります。

つづく。



# by ayumikantarou | 2019-04-06 22:16 | 【滋賀】気ままに歩く | Comments(0)

【大阪】吉本ひらパーへ行く


f0379049_15262238.jpg



2019年4月3日、水曜日、晴れだけどさぶい。

ひらパー行ってきました。

昼から「おでかけ 吉本新喜劇」を観るためです。

(- -) 人多ー。

入口のチケット売り場、混んでます。

我々は、「ひらパーGo!Go!チケット」を持っているので、素通りです。

入園と電車がセットになったチケット。だいぶお得です。

姉達は車で後で合流しましたが、チケット買うのにだいぶ時間がかかりました。

先に着いたので席の場所とりしました。

近づいてくる子どもなどを「シャー」とかって追い払いつつ(嘘)。

弁当食べながら観覧。

人が多かったー。


f0379049_15264938.jpg

f0379049_15270214.jpg

f0379049_15273444.jpg



ご存知でしょうか、園長の岡田君のCM。

もはやミラクルプレミアムファステストパス

行列に並ばずに乗れる・・

今日は欲しかったなー

笑。

何処行っても行列でした。お昼もだいぶと過ぎたら減ってきますけどねえ。

私はフリーパスは買わずに乗り物パスだったけど。

と、いうのも、去年折った肋骨が、うまく繋がってなかったらしくて、

そのために(放っときゃ治るんですが)まだまだ当分、安静にしてなきゃいけないみたい。

固定具つけとこうかにゃ・・

下着、検討中・・

という事情で、無邪気に遊んでいる子ども達を遠い目で姉と母とで見ながら、

さっっぶい外で、顔が真っ青な姉と、少々世間話も・・

・・大丈夫か、姉。

最後まで大丈夫大丈夫と、いや死にそうな顔してんですけどと、閉園まできっちりと遊んできました。

誰か姉に温かい飲み物を・・

子ども達は楽しそうでした。

園内には半袖の子がいました。嘘ぉ~(笑)

強風のためか、乗れないアトラクションもありました。残念。


f0379049_15274355.jpg

f0379049_15274780.jpg




新喜劇は、遠かったけど、本物のすっちーが観れて子ども達、大興奮。


f0379049_15282076.jpg

f0379049_15290083.jpg


f0379049_15321267.jpg



弁当、母と一緒に買ったけど、逆に食べて、食べ終わってから気づく大ボケ。

チーズドックでチーズのショットを撮りたくて、チーズ引っ張り合い。

花、きれーい。

あははは・・

あははは・・

ははは・・








・・今、ふくらはぎが筋肉痛で変な動きしてます。

ほぼ座ってたのに、何で??


f0379049_15285287.jpg



# by ayumikantarou | 2019-04-03 22:21 | 【大阪】気ままに歩く | Comments(0)
トップ

何やかんやで記録しておく日常。
by あゆみかん熟もも
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログジャンル
カテゴリ
タグ
最新の記事
ハートが3つ
at 2019-05-18 22:39
【奈良】橿原へ行く
at 2019-05-12 22:21
【滋賀】桜で花見~長等公園まで
at 2019-04-06 22:52
以前の記事
外部リンク
メモ帳
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル