画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

【滋賀】栗東こんぜの里・金勝山へ行く



konze_01



2012年4月28日。

こんぜの里と金勝山へ行って来ました。

こんぜの里↓
ritto-konze-no-sato.or.jp/
金勝山↓
www.ritto-kanko.com/hiking-kinshousan.htm

緑豊かなまちの南部にそびえる金勝山(阿星山・竜王山・鶏冠山)などをはじめとした湖南アルプス。その中でも竜王山には平安時代の仏教文化の一翼を担っていた金勝寺(こんしょうじ)や平安時代に作られたといわれる狛坂磨崖仏(こまさかまがいぶつ)などがあり、これらの史跡をたどるハイキングコースが整備されています。ハイキングコースには、耳岩や天狗岩など自然にできた珍しい形の岩があり、そこからみる眺望は壮大です。

「竜王山(りゅうおうさん)」「鶏冠山(けいかんざん)」といった干支にちなんだ名前の山には、縁起を担いで登山をされるかたもおられます。2005年は酉年だったので、「酉→鶏」ということで、記念登山をされた方も多かったようです。次のチャンスは、2012年の辰年です。ちょっと気が早いですが、一度下見に来られてはいかがですか?
』…


と、ある通り。今年は辰年。竜王山に行きたいなぁとか思いを巡らし、初めての地へ。
バスがあるそうなのでバスでこんぜの里までは行こうかなと考えていたのですが、
成り行きや事情で車で行くことになりました。ですが、坂が思ったよりキツい。「馬頭観音堂前(ハイキングコース入口)」までは普通車も行けるそうですが、我がオンボロ軽自動車ではあの勾配は無理です(涙)

こんぜの里に車を停めました。

konze_02


konze_03


午前中、とりあえず付近を歩いてみたのですが…

道が分からん(汗。

なので一度引き返し、こんぜの里(道の駅)でお昼ご飯。


konze_04



楽しみにしてました。しし丼です。


konze_05


konze_06


猪か…。

ちょっと濃いめでした。ふーむ。



さて、満腹になった所で、再び出っ発ー!




金勝山に行くことにしました。まず。


konze_07


konze_08


konze_09


そういえば、蛇と蜂に気をつけなさ~いと、注意ありました。
まむしってぇ~(うおー)。


konze_10


下りが終わったと思ったら今度は上りですよ。ひえー@


konze_11


景色はいいです。晴れてますし。


konze_12


konze_13


konze_20



途中、金勝寺に。拝んで来ました。しかし、ここでずーっと来るか分からない参拝客の為に居るっていうのも、大変。
周りは山・山・山・緑! なんですもん。退屈しないのかなー。

konze_17


konze_18


何となく買ってしまった「金精ちゃん」A4ホルダー。¥200だったんですけど、こんな所にも萌えが
いるんですかw?


konze_14


konze_15


馬頭観音堂からの眺めです。ここまでは一応、車で来れますが、坂道が結構。
トイレ以外何もありませんが、見晴らしはご覧の通りに良いです。

トイレ、もうちょっとキレイだったらな(ボソ)。
馬頭観音様はよく分からなかったけど、見れませんでした。どうなってたんだろ。


それなりにハイキングで歩いてきたけど、帰りは元来た道を戻ります。ふへー@
実は、金勝寺あたりから、ハイキングの団体と遭遇してたんですけど、帰りも一緒になりました。
自分らの方が足は遅かったと思いますが、何故か交ざってた(笑)。

おつかれです~



konze_16


下りが、足がキツい。最初のほうで↑の木の棒を拾って杖がわりにしていたのですが、とても役に立った。
そういやハイキングに用意するものとして「杖」って書いてませんでしたっけ。なるほど。
持っていくのも面倒なので、こうやって自然の力を借りましょう。ええ。

さよなら~木の棒。お世話になりましたぁ~



できたら、こんぜの里で、無料で入れる足湯に浸かりたかったのですが、営業が3時とか3時半まで。
早すぎませんか。もうちょっと、午前と午後に分けるとか。せっかく団体さんもご一緒だったのですが、入れなかったので残念でした。あ~あ。

代わりに、ソフトクリームを食べる。クリームがズッシリと重く、美味しかったです。
暑かったので、ちょうど最高でしたね。るるん。



konze_19



帰り、草津駅に寄って帰ったら、震災復興イベントで、イコちゃんたちがいました。
ハテ、横のは何ちゃん? 忘れた。

いやぁ~、おつかれさまです(笑)。



今度は竜王山に行きたいなー、っと。

でも、車で行けそうにないから、きっと歩きなんだろうな

うぐぐ。


[PR]
by ayumikantarou | 2012-04-28 23:42 | 【滋賀】気ままに歩く | Comments(0)

【滋賀・京都】ぶらり散歩する



kyotobura_02


2012年4月14日土曜日

天気が雨雨でも負けない
この日、朝から雨。ざぁぁあああ。涙ではない。
小降りになった所で、さあ出発。さて何処へ。


映画である。昔のリバイバル映画、『』を観て来た。
道が混んでて遅れて来場し、また先日同様に座った途端に始まったが、このことは映画のタイトルや内容には一切関係がない。うむ。

映画の感想をたったひと言で表すならば重い@」。以上。
戦争やホラー等、またバイオレンスでもなく。人生をズッシリと背負うような重苦しさと言えば通じるだろうか。「何か重(おも)。」最後も最後だったので、余計にそう思う。イタリアのドラマ映画だったんだけどねぇ。でも名演技だったとさ。うむ。

と、映画を見終わった後は、何とまあ…青空。
マザーレイク琵琶湖の傍に映画館があるのですが、こりは当初予定していた家から近い某近所の桜まつりも開催してるかもな~なんて思いつつ。
下の階へ降りてみればイベントで「コスメル」を開催中。見てもキャラわからん。銀魂か?

(- -)コスプレ戦士がロッテリアの前でメニュー見て考えてるよ
お腹すいたね。そうだねリアル。

一度みて確認しておきたかった読売旅行の営業所を外で発見。入り口で床のカーペットを清掃中のおばちゃん達に挨拶。どうも。中には入りませんので。
忍者的偵察を終えて母と車で逃走…ではなく旅立つ。次は何処へ。うむ。



kyotobura_05


(- -)今日は本当は、長浜の『曳山まつり』に行くつもりだったのだよ。
www.nagahama-hikiyama.or.jp/matsuri/list.php

『400年以上の伝統を誇り、日本三大山車祭りの一つ。歴代の名工が装飾した絢爛豪華な曳山は“動く美術館”とも呼ばれ、重要文化財の見送り幕もあります。祭りの一番の見どころは、江戸時代から続く「子ども歌舞伎」。華やかな衣装を身にまとった5~12歳の男の子役者が、時代絵巻さながら曳山を舞台に熱演します』

と、ある通り。動く美術館なんてそりゃすごい。きっと15日は北は盛り上がるんだろうなぁああと予想しつつも、色々とあって今年は行くのは諦め。また来年。

そして結局、京都でも散歩してくるかーということになった。ここまでのくだりが長い。気のせいだ


だが。京都に行く前に嫌な目に遭う。その1。

昼食に軽食店に入り、レディースセット☆で(ミニ天丼+ミニうどん+コーヒー付)を注文したはずが、来たのは天丼みそ汁付。ミニでもなければうどんも無ぇい。レディース何処いった。店員さんとの意思疎通が難しいorz。

前に映画館でシルバーと間違えられたこともあったが(ただの発券ミス)。
返せレディース。不良バイカーじゃない方。


嫌な目に遭う。その2。

食べ終えて駅へと上るエスカレーターに乗る時だ。後ろにいた母に足のかかとを踏まれる。すると。

ボコ。

(- -)ん?



kyotobura_04



ブーツの底が剥がれた。がーん。うわああああ

歩く度に「ぱっこん」「ぱっこん」と情けのない音が。ちきしょぉおおお。

恥ずかしいので靴屋を探す。できれば平○堂がいい。H○Pカードを使いたい私は○賀県民で平○堂信者。あぁぁあぁ。

安い靴を購入¥。さらば短命だったブーツ。しまむら発。



kyotobura_03



駄目になったブーツは店員さんが捨ててくれるそう。涙の卒業式(葬式?)を終えたあと、名残惜しくもお別れを。さようならマイブーツ。マイケル(今に命名 笑)。もう春だしね。くすん。
駄目にしておきながら謝りもしねえどころか笑いやがった母を一生忘れない。つい一週間ほど前に家の玄関(我の部屋も)の工事の着工日も相談なく勝手に決めてギャースカ言ってた時も謝りはしなかった母。一生忘れない。将来、線香を一本減らしてやる(とりあえず)。
(- -)おかげさんで先週は体調不良。急に決めたから部屋の片付けを半日でせねばならず。無理してやったら次の日から疲れと消化不良で、下痢と嘔吐で頭痛で嫌っす@あほー。


ここで既に午後2時。行くのか京都…。

桜が咲いててよかった。傷心が癒される(泣)。

何か京都行きに抑止力がかかってないか? 気のせいか?



 * * *


タイトルに京都散歩と書きながら、まだ京都まで行ってない。うむー。
色々と思い出しながら書くと書くことが多い。何故だ何故なんだ@ぐう。

とりあえず京都駅に着いてみる。
着いてから考えればいっかーとか言っていて、いざ着いてみてから、駅前のバス乗り場の前の観光案内板で行き先を考えながら、トイレに行った母を待っていると。
6~7人くらいの年配グループが我と同じく行き先を考えて話し合っていたようなので。

「観光ですか?」と聞いてみた所、これからちょっと桜でも観にということで。
桜は何処でも咲いてるとは思いますが、市内で名所といったらそうだなぁ…二条城、御室や嵯峨あたりがいいとは思うけど…。

(- -)時間がもう午後3時。店とか、早い所で4時とか5時に閉まっちゃうから、北の方だとちょっと遠いよなぁ。
八坂もいいけど近くで事故があったし人が多いしなー、それと、清水寺の方は近そうだけどあそこは坂道だ。歩いて30分くらいですかねーとか言ってみても元気なおばちゃんは歩く気満々らしい。

(- -)いやー、帰りはともかく行きはバスで行ったほうがええんでないの?

とりあえず市バス使ったらどこまで行っても200円くらいで行けますよ後は案内で聞いてみて下さいと言い残して去る。
後で「市バスは220円じゃなかったっけか」と細かく思い出したがまあいいや。
人のことより自分たちは何処へ。うーん。母が戻ってくる。

天気もいいしどうせ散歩程度に来ただけなので、本願寺に行く。
どうやら修理しているらしく、「本願寺のお茶」を自販機で売っていたり、こんだけ敷地が広いんですから女子が一匹くらい寝転んでお昼寝しても許して下さいよとつい願いたくなるが、
お堂でお坊さんがいっぱい横に並んでお経を読んでいたので、後ろで正座して一緒になって拝んでくる。
(- -)京都にくるまでに不吉の連続だったので御祓いですかね。くわばら。

お堂は広いな大きいなー。眠い

その後、五条通りまで北上しながら、鴨川沿いを歩いて京都駅まで帰ってくる。



kyotobura_01


(´Τ`)川沿いの桜は綺麗ですなぁ。桜って食べれないのかなぁ。ほんとに。鳩は?

それから休憩した後は、○賀へ帰って行きました、と…。

(- -)それだけの話だったのに、何故話が長くなるのだろう。不思議。
(- -)○津イオンモールから出ているバスの運賃の設定は、何故190円とか面倒くさい数字にしてんだろう。小銭を出さないように200円にしてくれないだろうか。安けりゃいいってもんでなし。


帰りに「当たり2袋でバッグがもらえる」らしいので叔母力が働き仮面ライダーのお菓子を2袋買う。買った後で思ったのだが、もしこれで2袋とも外れたのならもう買わなくてもいいやと思うのだが、
仮に1袋だけ当たったとすると次に当たるまでまた買わなければいけなくなるんでないか…。

母に聞くと「当たるわけない」と。そうですね。

そんなことに頭を使うくらいなら、天橋立行きバス旅行について頭を使った方がまだマシです。ええ。
GWは、ばあちゃん家に行く予定。



家の玄関、ついにリニューアルb☆

いや、店じゃないか…orz



部屋に窓が付いたよ!!!!!!!!



[PR]
by ayumikantarou | 2012-04-14 23:46 | 【滋賀】気ままに歩く | Comments(0)

【奈良】郡山城跡へ行く



koori_05



奈良 郡山城跡へ行く
(2012年4月7日)


近鉄電車に乗って、ぶ~らぶら。郡山城跡へ花見に行ってきました。
ここは日本の「さくら名所100選」にも選ばれている花見スポットです。
(観光HP)www.yk-kankou.jp/
(城HP)www.asahi-net.or.jp/~qb2t-nkns/yamatokoriyama.htm
ソメイヨシノが7割ですが、オオシマザクラ、シダレザクラ、ヤマザクラ、ヤエザクラ等があるそう。約1000本。
18時頃から、ぼんぼりに灯火されて夜桜が楽しめるとのこと。
(- -)でも冷える(寒)から却下。

駅の近くに西友があって、中にお座敷があったので、そこで連れたちと先にランチ。
食べたあと、いざ!☆



koori_01


koori_02


koori_03


koori_04



延長して、2012年3月30日から4月15日(日)まで『第52回大和郡山「お城まつり」』をしているらしく、道に沿ってずーっと露店が並ぶ。
(- -)お姉一家(旦那を除く)と母と皆で行ってきたのですが、子どもたちは花より水あめとライダーの綿菓子です。花見ようよ。

(- -)私はイカの串焼き。

イカが袋に入って渡されたんですが、タレは落ちるわ噛み切れないわで苦戦。しゃがみ込んで戦っていたら後ろに引っくり返りそうになって大変。受け皿プリーズ。

天気は、予報でお姉さんがあれだけ「花見をするなら日曜がベスト」と言っていましたが、日中は我の勝利で良好。花見日和でした。朝、滋賀を発つ時に駅で「みぞれ」が数分程度吹雪いた時は「何これ何かのギャグ」と。ははは。
連れも気に入ってくれたみたいなので、のんびりと子ども連れには好い所です。
公園があって、遊具があったんですねー。




城跡の方へ行ってみると…



koori_06


koori_07


koori_08


koori_09



天守台について(Wikipediaより)

この天守は逆さ地蔵の祟りや大和大地震で倒壊したという俗説が残っている。『郡山城と城下町』によると「現存している伝天守台に5層6階の天守閣は建築学上から考えて建てられること不可能」としている。
天守台の裏手、北側の石垣には、付近から徴用されて築城に使われた数多くの石地蔵が、石垣に組み込まれたまま城下の人々により祀られている。
石組みの間から奥を覗き込むと、逆さになった状態で石の間に埋もれている地蔵を確認することができ、これは逆さ地蔵と呼ばれている。これらの地蔵のために、北側の石垣沿いにはさらに多くの石地蔵が奉納されている。また地蔵以外にも由来の変わった石は多く、市内東部の平城京羅城門跡から運ばれた礎石と伝わるものなどもある。



…ですって。
見てみたのですが、よくわからない笑。まぁ、そうなってるみたいです。


いい花見でした。


[PR]
by ayumikantarou | 2012-04-07 23:50 | 【奈良】気ままに歩く | Comments(0)
トップ

何やかんやで記録しておく日常。
by あゆみかんたろう
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログジャンル
カテゴリ
タグ
最新の記事
以前の記事
外部リンク
メモ帳
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル