画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

【滋賀】信楽・MIHOミュージアムへ行く



tanu_10


信楽・MIHOミュージアムへ行く
2012年9月15日 晴れ


うはぁ、いい天気じゃ。
さて今日のコースは、と。

信楽方面、連れが『MIHOミュージアム』に行ってみたいということで。
(HP)www.miho.or.jp/japanese/index.htm

そんな所があったのだなぁと、好奇心丸出しで行ってみることにしました。
事前調べでは、9/1より、秋季特別展で『土偶・コスモス』展をしている、ということ。12月までしているそうなのですが、

土偶なぁ…?

コスモスはともかく、果たして面白いのだろうかそんなものを見て…という、一抹の不安を感じつつ、車を走らせてみれば辿り着きました。結構な急な坂道を上っていけば。ほら見えてきた、ミュージア…


tanu_01


森~

の中に、静かに佇むスペース。何だろなここ…。
とかく、広いんですよ。山も森も深いとこにある、人工物、といった形容でいいんじゃないでしょうか。ああそうだ建築物だ
閑散としているのですが、何ていうか、森とひっそりと落ち着いている、みたいな。
不思議な空間でした。ミュージアムには2棟あって上記の写真は美術館棟(本館ですね)へ向かう途中、定期的に巡回している送迎車の中からです。ゆったりと、ごとんごとん。お姉さんの運転で、揺られて~


tanu_02


tanu_03


tanu_04


tanu_05


tanu_06


実は写真は帰りのものだったのですが、トンネルがありました。
まさに建築物の美の世界なんですよね。上手く言えないけど、素晴らしい
Wikipediaさんから拾ってきましょう、MIHOミュージアムとは。

『神慈秀明会の会主・小山美秀子のコレクションを展示するため、1997年(平成9年)11月に開館。 コレクションは、ギリシア、ローマ、エジプト、中近東、ガンダーラ、中国、日本など、幅広い地域と時代に渡る優品2000点以上が含まれている。コレクション形成に数百億円をかけたともいわれ、日本にある私立美術館のコレクションとしては有数のものである。現在の館長は辻惟雄(東京大学名誉教授、日本美術史専攻)。

信楽町郊外の自然豊かな山中にある美術館は、「桃源郷」をイメージして造られている。レセプション棟から桜並木を通ってトンネルをくぐり、その先の吊り橋の向こうに展示館がある。利用者の移動の便のためと環境にあわせ、電気自動車がレセプション棟と展示館の間を往復している。
建物設計は、ルーヴル美術館の「ガラスのピラミッド」、ワシントンのナショナル・ギャラリー東館で有名な建築家、イオ・ミン・ペイである。建築容積の8割が地下に埋没しているというこの建物は、周囲の自然景観保全に配慮したものである。
設備設計は、東京国際フォーラム、横浜港大さん橋国際客船ターミナル、兵庫県立美術館など、多くの建築設備設計を行っている森村設計が担当している。美術品の価値や存在意義を維持するのに最適な環境を構築している』



なのです。凄くないか、そりゃあ(驚)。

というかこんな片田舎に、一見の価値ありき なのです。
桃源郷ですよ、桃源郷。
成る程、中華のかほりがプンプンです。金持ちやなー(笑)。


tanu_16



土偶・コスモス展です。コスモス、って花の方かと思ってたんですけど、どうやら違って宇宙の方かもしれません。そうか…。



tanu_17



土偶がたーくさん。驚いたのは、そのサイズ。学校の教科書なんかで見た日にゃ、大きさってピンとこないじゃないですか。
「小さー」
人形サイズくらいではありますが、中には、指先程度の小さいのがある。何だこれ。やはり日本て国は手先が細かいのだろうか。発想も、年代が進むにつれて変わるし、掘り出された場所にもよって形が違う。
進化の歴史、独自の発想。この一連のコレクション、眺めてくる内に面白くなってきました。
土偶ビーナス! お土産でポストカード買いました。牡鹿型リュトンの栞。神秘的だわ、ひゃっほう♪

…ってな風に、自分だけで楽しんでいたわけですが。古代歴史の風を感じたい人は是非来てみて下さい。
建築美と、並べられた美術品のコレクションの数々。眺めながらの遊歩だ。きっと一度は来てみたい場所


ってな訳で、この地をあとにします。


信楽を巡ろう~


tanu_12


tanu_11



信楽と言えば、たぬき焼…でなくて信楽焼。有名ですね。
まぁほんとにたぬきの置物づくしで。町がもうたぬきばっかりです。
陶芸の森は知ってたけど、たぬき村という所もあります。道の駅みたいだな。


tanu_09


めっちゃ見てるし。


tanu_08


堂々と姿を現してました、忍者
甲賀忍者、場所も近いですからね。たぬきに混ざって登場です。


tanu_07


ここへは立ち寄っただけでしたが、そういえば何故たぬきなんだろうな。疑問です。
たぬきの神様でも居たのだろうか…調べてみます。

これかなぁ↓
www.rengetsu.co.jp/shigaraki05.htm

信楽の狸は、信楽 初代狸庵 陶芸家 藤原鐵造(三重県の槙山生まれ、1876~1996)さんが若くして京都で修行していたある夜のこと、不思議な大狸小狸が月光に照らされて、ポンポコと腹鼓を打っていたという夢のような体験をされたそうです。
親方から『何人に一人しか聞けぬ狸の腹鼓だ』と教えられ、それ以来自分で小狸を飼い、観察してから後1935年、本格的に縁起物としての狸を作り出したとのことです。
1951年に昭和天皇が全国巡幸をされた時、旗を持った狸が沿道で歓迎をしたところ、天皇が『をさなどき あつめしからになつかしも 信楽の狸をみれば』と詠われ、一躍全国に広まった…



…なんだって。同じく、縁起物としてフクロウも多くあった。
それがここ(タヌキ天国)まで発展するとは、夢にも思ってなかったんでしょうかね。


tanu_20


しっかり買っていこう。うむ。小さいけれど、たぬきです。

そうだ、敬老の日が近いから、ばあちゃんにお茶でも買って帰ろう。
朝宮茶とやらを。
www.seiseido.com/asamiya.htm
最古のお茶って言ってたような。よし、是非に買っていこう!!


tanu_18


tanu_19



tanu_15


tanu_13


tanu_14



愛着がわくなぁ。

煎茶のソフトクリームをお茶屋さんで食べました。おお~、美味しい
あっさりとしてイケるじゃないかー!!  また食べたいね。



[PR]
by ayumikantarou | 2012-09-15 23:39 | 【滋賀】気ままに歩く | Comments(0)

【兵庫】宝塚・手塚治虫記念館へ行く



takara_06



宝塚・手塚治虫記念館へ行く
2012年9月1日 晴れ夕立あり


HP↓
www.city.takarazuka.hyogo.jp/tezuka/index.html

JRの関西1dayパスの期間が終わってしまうということで。夏休みをエンジョイしきっていない私は、遠くへと出かけて行きました。こんな半端な時期に何処行くっていうのだと選んだのがここ、手塚治虫記念館です。ほー。
漫画界やアニメーションの部類では先駆けと言われ続けている偉大な先生です。言わなくても有名ですよね。
今までに手塚先生の作品で読んだものって全体の作品数からだと物凄く少ない。学校の教材での使用やビデオで見せられたこともあったけど、好みからで言ったら普通でした。BJ以外は(笑)
ちょうど、作品で続きが読めたらなあと思っていたのがあるので、足がそっちへ向いてしまったというかね。



takara_01


宝塚市というのも、駅へ降りて観光するのは初めてです。
www.kanko-takarazuka.jp/course/index.html

大概は、歌劇場が思い出されるんじゃないでしょうか。歌劇団ソングが私の中でずっと流れてたんですが。は し れ♪…って、そっちの歌劇団かよー、っと。


takara_02


「花のみち」という道を通って向かいます。天気いいなあ。木陰もあるけど、傘が要る。


takara_03


像が道中で色々と。これは右。


takara_04


これは左に。「ベルサイユのばら」です。ほほほ。


takara_05


華やかな通りでした。イメージって大事だ。うん。
3分ほどを歩いて、歌劇場は素通りした後にですね、見えてきました、記念館。劇場はまた今度ね。


takara_06


駅から見つけ易いので助かりますね。何だあのてっぺん、レインボーな柄は。未来イメージ?
歩道を渡っていくと、像が出迎えてくれました。


takara_07


takara_09


おー、火の鳥だ。やっぱ代表ですよね~。話知らんけど。
宇宙や時を越えて壮大なSFロマンを繰り広げる…まぁそんな話だったかと(何となくは知ってる)。生命の根本に深く関わる話なんでしょうかね。手塚先生の作品の根底にあるものです。ファンなら知ってて当然なのでしょう。


takara_08


「~編」でたくさんありますから、何処から読むのさ…ってのもあります。
まあしかし、先生の作品はそれだけではないですから。


takara_10


何か可愛らしい。


takara_11


takara_12


何故にレイとアスカが…ってのは、ひとまず置いといてですね。
入ると、人形が出迎えてくれたのです。


takara_13


上も。
手塚先生は幼少を宝塚で過ごしたということで、戦時中でもあったに関わらず漫画を描いてたとか、虫好きのエピソードとか。
大変に恵まれた環境で育ったんだなぁと羨ましくもあり。日本を代表する一人者を生み出したこの宝塚に住んでみたいなと思うほど。


takara_18

takara_24


皆、手塚先生の作品では何が好きなのだろう。私はまずやはりブラックジャック
何故と言われても解らないけれども。やっぱり、キャラクターの個性かな。
漫画ってストーリー、世界観、キャラクターの3本柱だと思うのですが、キャラクターが立った作品て、作品全体数を見てみると、アトム、どろろとか三つ目とかレオ。リボンの騎士、メルモ…あと何かな。どれも目立ってよいのですけど、これが絶対好き! っていうキャラクターが私にはあんまり無い。単純な好みですけどね。可愛いとは思いますけどね。BJは素敵です(笑)

BJって、主人公だけでなく脇役もいい。ピノコ、キリコ、恵さんも。だからじゃないかな。


takara_14


takara_15

takara_16


生い立ちから順番に見て行くと、見つけたよBJ時代。
この作品が生まれた背景に、先生の苦心が窺えます。活動を続けていくなかで、作家や画家は浮き沈みして過ごすことと誰でもなると思いますが、先生だって例外じゃない、スランプの時だってあるでしょう。時代の波の狭間、と翻弄されることもありますが、自身への葛藤ですよね。ああ解る(涙)。
ちょうど、BJは先生ご自身の再帰、再起な時に生まれ描かれたものであったんだなぁと知り、だからこのような作品が出来たのだとも納得。出会えてよかった。そうしみじみと思う。


takara_17



先生、グッジョブです☆b


[PR]
by ayumikantarou | 2012-09-01 22:47 | 【兵庫】気ままに歩く | Comments(0)

【兵庫】南京町へ行く



takara_19



宝塚・手塚治虫記念館へ行く 続き
2012年9月1日 晴れ夕立あり


前回の続きです。
ここへ来た印象というか感想を言うと、

ここって漫画喫茶?

と、思っちゃいます。
まあね…。ドリンクはあるし手塚先生の漫画が読めるし。アニメも見れる。寛げる。
一日中、居座れそうです。入館料¥700が要りますが(JAFで10%割引ができましたが)。
午前だけで見回れるだろうと思っていたんですが、お昼もとっくに過ぎてた。お腹すいた…。売店なんか無いですけどね。
コーヒーとかはあるんですけども。

(- -)わーい、漫画の続きが読めるぞい♪

今、手塚先生の漫画で「アドルフに告ぐ」を3巻まで読んだのですが、続きを図書館で借りたくて待っていたんですけれども。なかなか無いのでもー無いのかなぁと思っていたんですねー。5巻までだったみたいですが、バッチリ読みました。あースッキリした。面白かったん。
近所に住んでいたら本を全部読破するまで来ちゃいそうだけどね。


takara_20


クイズしたりミニゲームしたりで遊びました。気がついたら席が人で埋まってた。
ここでアニメ作品が見れたのだ。白黒だよ白黒~。

土産もちょこっとだけありました。うーん、何しよ。


nankin_08


ミニゴーフルとポストカードだけ¥。
缶が欲しかったので。入れ物に使えそうだ。カードは飾っとこ。


takara_26


地下へおりると、アニメを作ったり体験ができるというベースに。簡単なものですが、アトムを塗れます。
その横には制作に関するプチ体感。アニメだねぇ。



takara_25


ひと通り見終わったかなあということで、次は2Fブースへ。



takara_12


玄関でレイとアスカが居ましたが、そうなのです。今ちょうど、エヴァンゲリヲン展やってるんですよ。


takara_21


エヴァ展では、ここだけが撮影OKだったので、ハイ。


takara_22


レイが離れてる。


takara_23


そーいえばシンジ君が居ませんな。まあいっか。
クイズに答えたらポストカードをもらえました。
しかしまだサイボーグ009とアトムをくっつけるっていうのはいいけど、エヴァと手塚先生…なぁ。強引でない?
まあいっか2。

さて、充分堪能したので、他へ行きますかー。
と聞いたら、雨降ってる。ああでももう小降りだ、行くなら今のうちかも。

宝塚市を去り、関西1dayパスの元を取るため(笑)、元町へ。


nankin_01


元町を歩いていけば、すぐに。
チャイナ~。南京町です。雨が止んできた。


nankin_02


nankin_03


パンダが出迎えてくれます。


nankin_05


nankin_04


食べ歩き、って感じ。年中屋台があるような。
人がたくさん行き交うので賑やかだ。豚まん、何処で食べようか。でもお腹すいてない、ここに来る前にラーメン食べてきたからなぁ。

でも、土産を買って帰る。ここから持ち帰るって難しいな。食べて帰れたら望ましい。

で、


nankin_06


桃まんじゅう。豚まん。
パンダもありましたが、数少ないですね。とりあえず豚を買って来ました。ミニサイズで可愛いよw


nankin_07


ぶー。

思っていたより小さな町だった。帰りがけにちょこっと寄る程度でよいですね。
胡散臭い店に入ったのですが、売ってる商品がやはり胡散臭い(笑)。キティちゃんっぽいもの。けろっぴのようなもの。あの電気ねずみも。ドラえもんは見当たらなかったな。

さー。帰るぞー、疲れたっ。
JRで帰るわけですが、尼崎で降りて平和堂行きました。アルプラのマークが窓から見えていたので。

やっぱり平和堂が落ち着くのねw


[PR]
by ayumikantarou | 2012-09-01 22:43 | 【兵庫】気ままに歩く | Comments(0)
トップ

何やかんやで記録しておく日常。
by あゆみかんたろう
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログジャンル
カテゴリ
タグ
最新の記事
【京都】山科へ行く
at 2018-06-17 22:17
【三重】伊賀上野城へ行く
at 2018-04-29 21:53
【奈良】飛鳥寺へ行く
at 2018-04-21 23:36
以前の記事
外部リンク
メモ帳
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル