画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:京都府 ( 57 ) タグの人気記事

【京都】京都文化博物館めぐり



f0379049_11571447.jpg


2019年2月3日、日曜日、午後から雨。節分である。

■晴明神社と御金神社
■京都文化博物館
■蛸薬師堂


以上、3つ行ってきました。
この博物館は初めて行ったと思うのですが、
Kyoto Art for Tomorrow 2019」展と映画がメインでした。

あとは2回以上訪れた事があるはず。
晴明神社は何回も・・

(- -) 何故か好きだから。

いつも迷いそうになりながら向かうのですが、

御金神社、入口で行列だったおかげで遠くから見たらわかりました。

お金に関する神社はここだけだというので、全国の欲深い方々が集まるのでしょう(我も←)。

海外からの人も多いし、鳥居も金ピカなので映える事間違いなしインスタ。

(- -) 手ェ洗えへん・・

拝む前に手を洗いたくても並んでたら無理か・・

まぁ強引に行けたら行けるけど。

手が少々汚くても神様は許してくれる。
後ろの方はそう言ってました。甘い甘い(笑)。

お金を洗っている人がたくさん。
あなた達がいたら洗えないんですよ、っと。プー。

あらい問題。言ってみただけです。

今年から財布を買い換えます。
だから準備で寄ってみたんだけどな。
まさか並んでいるとは思いもよらず。
警備員さんまでいるという。前来た時はそんなに多くなかったと思うけども。

とにもかくにも参拝が済んで、お守り買ったら次なる場へ。

京都文化博物館じゃ。

小牧源太郎展や古い映画のフィルムシアター等々をしておりまして、

「Kyoto Art for Tomorrow 2019」展と映画を目当てに来たのです。

館内には本館1階の「ミュージアムショップ」を始め、江戸時代末期の京の町家の表構えを復元した「ろうじ店舗」、明治の洋風建築をそのまま活用した「別館店舗」、旧金庫室を改造した喫茶店があり、京町家の建築美や近代日本の歴史に触れながら、京の味やショッピングをお楽しみいただけます(HPより)。

手打ちそばや可愛い感じのカフェがあったりでしたが、

行く前にやよい軒見つけてそこで昼食べました(何故に?)。

サバの味噌づけ定食美味しかったです。久しぶりに食べたわサバと味噌づけ。
缶詰で食べたぶりじゃないかなぁ、味噌づけ。

今度来た時は館内で食べよかな、ほほほ。

先に2Fの展示観て、映画「たけくらべ」を観たのです。

1955(昭和30)年、白黒、新東宝、95分、美空ひばりさんが出てるのです。

『没後三十年記念特集、作曲家・芥川也寸志の映画音楽世界』

「芥川也寸志(1925~89)は小説家・芥川龍之介の三男として生まれ、戦後日本の音楽界に大きな足跡を遺した作曲家です。

映画音楽にも精力的に取り組み、五所平之助、豊田四郎、市川崑、野村芳太郎といった名匠たちとともに約100作品を手がけました。

昭和を駆け抜けたこの作曲家の没後30年を記念して、その多彩な映画音楽世界を特集します。」


・・という事を、今月末まで開催しています。HPより。

後日の「ゼロの焦点」観たいが、平日なんだなぁ・・

「たけくらべ」観たんですが、眠くて寝ちゃった(苦笑)。

古いので台詞が聞きづらい・・

内容が入っていけなくて離れちゃったのです。無念。

こうなりゃせめて本でも読んだらいいかな、たけくらべ。

ミュージアムショップを巡り、別館へ行ったらしてました、

Kyoto Art for Tomorrow 2019


f0379049_11571941.jpg

f0379049_11572553.jpg


入ったら圧巻でした。写真の様に、小さい玩具がいーっぱい広がってる。



f0379049_11573672.jpg

f0379049_11574143.jpg

f0379049_11574526.jpg

f0379049_11574958.jpg


ピカチュウいるよドラえもんいるよまる子ちゃんいるよ・・


f0379049_11573153.jpg

f0379049_11575932.jpg



怪獣が出来てる。わー面白い!

子どもが大喜びでした皆。そりゃまあね・・

1つくらい持ち帰ってもわからないんじゃないかな(コリャ)。



f0379049_11575470.jpg


f0379049_12092915.jpg


作るのも楽しそうですよね、怪獣。



f0379049_12093466.jpg



外へ出ると、雨です。んざぁあああ~。

しかも傘忘れてるし!

ショーっくッ!!

昨夜、用意してた時に傘、転がり落ちて拾うの忘れたまま来ちゃったんだなー、ぐわはぁぁああ。

濡れないよーに歩いてテンションだだ下がりで行くとアーケードのある寺町通りに出た。

ここも来るの久しぶりだなぁと、天満様でも拝んでこようかと歩いたが、どこだったっけ・・

結局、辿り着かぬまま、先に蛸薬師堂(永福寺)を見つけたので、お参りして帰った。

病気のお母さんにタコを食べさせた話でしたっけね。

『僧善光が、病の母によるタコが食べたいとの願いを聞き、悩みながらも自らタコを市場で買った。
それを町の人たちに僧がタコを食うのかと咎められ、タコが入っている箱の中身を見せるようにと皆で善光を責めた。
そこで善光は一心に薬師如来に「この蛸は、私の母の病気が良くなるようにと買ったものです。どうぞ、この難をお助け下さい」と祈るや、八本足のタコが光を放ちながら法華経八巻に変化した。

この光景を見た人たちは皆合掌して南無薬師如来と称えたところ、法華経八巻はまたタコの姿に戻り、永福寺門前の池に潜っていった。
そして、そのタコが放った瑠璃光を善光の母が浴びたところ、病気はたちまち回復した。

それ以来、永福寺は霊験あらたかな蛸薬師堂と呼ばれ、その本尊は蛸薬師如来、親しみを込めて「蛸薬師さん」と称されたというものである(Wikipediaより)』


ここ、面白いんだよね~

なで蛸がある。

他にも・・

病気平癒、心の病、癌封じ、ぼけ封じに、とかありますが、

お守りに「毛髪守」とか「だいじょうぶだいじょうぶ守」とか他、面白いのがある。

三条の繁華にぶらっと歩いてたらすぐ見つかる。狭いけど中は賑やかで、つい見てまわっちゃう~。

来た記念にノートに落書き書けちゃう。前来た時に書いてたような・・

頭よくなりますように。合掌。


Dr.コパさん達によると、今年はラッキーカラーが赤・白・ゴールド。

まざってピンクじゃダメかなぁ。

ピンクなみかんの呟き。

財布は黄色だが、白地に赤と金の刺繍や飾りのついたがまぐちタイプの根付を買ったとです。

使い始めは、2月10日がいいです。9日以上前に準備です。

ただいま準備中・・


そういやもうすぐバレんなタインですね。

今年はあんまり乗り気でもないんですが、日が近づくとやる気ぐらい出るかも。

家のテレビがそろそろ寿命みたいで、買わないとな・・


近況まとめでございました。へぷ。



by ayumikantarou | 2019-02-03 23:30 | 【京都】気ままに歩く | Comments(0)

【京都】国立博物館で芸舞妓


f0379049_15074183.jpg

2019年1月14日、月曜、成人の日、晴れ。

京都の国立博物館へ行って来ました。

昼から2回、芸舞妓さんによる新春イベント「春の舞」がございまして、

30分くらいでしたが観て来ました。へー。

(- -) 勉強になった。

終わった後の質問タイムで、芸妓さんと舞妓さんの違いとか、かんざしや着物についてとか、疑問が解けた~。ちょっとだけ。

質問タイムの後に、ここの名物キャラの「トラりん」も出てきた。



f0379049_15074114.jpg



可愛いぜ、あいつ・・

確か以前、外でハグしたりしてなかったっけ我。

今回の芸舞妓さんは、都をどりの方でもあるそうで。
一度くらい観に行ってみたいな、都をどり。バスツアーもあったはず。

この日、一緒に「美麗を極める中国陶器」展、「京の冬景色」展、「亥づくし」展もあったので、見物してきたよ。

それはいいんだけど、イベントの整理券の配布が11時からで、早く来たおかげで行列でも前の方に並べて、券をもらった後に開演まで時間があったから、お昼どうしようかという事になった、その時のこと・・

どうやらレストランがあったので、じゃあ・・と思って入ったんだけども。

そこの紹介ページでは、

『京都国立博物館「平成知新館」内の1階に位置する当ホテル直営のカフェレストランです。
ホテルメイドのスイーツ、シェフオリジナルレシピのビストロ料理をお気軽にお召し上がりいただけるアラカルトからコース料理まで、ハイアットのおもてなしでご提供いたします。
館内でのご休憩に、お食事に、ゆったりとした庭園を望みながらお楽しみください。

シンプルながらも上質で落ち着いた空間は、平成知新館同様、世界的建築家 谷口 吉生氏のデザインです。
広く張り出したテラスと一面に広がる緑が室内と一体化し、古の芸術に酔う心地よいひと時をホテルメイドのお料理でお楽しみいただけます。』


と、ある。

入口で、メニューを見たが、写真がない。

ランチメニュー、どんぶりセット、コース料理。
アラカルトで、チキンバーガーとか、デザート、ドリンク。

お値段、1,800円とかお高め。

この日、母の誕生日で、たまにはいいかと、入ってみる。

案内されたのは何故か、奥ではなくて入ってすぐのソファ席。
奥の、景色が見える窓際がよかった・・
天気も良いし。

ナイフやフォーク等がテーブルの上に置かれていて、フランス料理か何かなのかなあと待つ。

ランチメニューとやらを母と注文。内容は、

①ロースト南瓜のスープ

②ビーフカレーライス ミックスサラダ 福神漬
または
②きのこのカネロニ トマトソース タラゴンオイル

③コーヒーまたは紅茶

以上、3つ。

カネロニ、って何と聞かれても不明なので注文してみる事にしたのだが、やはり不明。
練り込んだ肉・・じゃないきのこ?を生地で巻いたようなものが出てきた。

そして、コーヒー。

感想を言うと、


(- -) は? これだけ?


だった。うん。なのに高いのが不満。¥1,800。

味には特に感動が無い。庶民なんで(笑)。

ただ、ナイフとフォークでは扱いにくい。切ると中の具がはみ出るし、ソースが皿広くかかっているが、多いし食べた後が汚くなるのが嫌だ。

スープはかぼちゃ、美味しいけど上のヨーグルトみたいなトッピング要らない。かぼちゃだけの甘みが美味しいしそれだけで充分。

コーヒー。量は多いね、と喋ってた、そこはまあいいや。
苦めだった、まあ私はいつも薄いからだっていう。

コップに入った水・・
まずコップ、傷んでるような・・
中にゴミ?みたいなの浮いてたし。うーん・・

お隣で食べてた、どんぶりセットが良かったかも。
ってか、パンくらいついてないのか?疑問のメニューだ。

お腹がすいて、ちょっと後で困った、ぐー。

とにかく、もう二度と来ないねHAHAHAと母と言いました。

合掌。


 *


八坂神社へも行って参りました。

少なめだろうけど、人は多いねさすが。

初詣になります。おみくじ引いたら、半吉・・


f0379049_15074016.jpg



イノシシ、可愛いかったです。

縁結びや恵比寿さん、美人になれる(笑)神さま、参拝。

屋台があり、牡蠣売ってたよ。蟹とか牛とか、匂いが・・

激安でお箸買いました。

コンビニでおにぎりでも食べようかなあと考えながら、京都伊勢丹で春財布を探した。

母も私も買い換えたいのだが、いつもコレといったいいのが見つからない。

こだわりを持つと大変だ。ただ使い勝手を重視してるだけなのに。

(- -) とくに母が求めている機能が探すの難しい。

諦めて帰る道中、草津のアルプラで見つけた!(喜)

しかしメーカーが笑う、Dr.コパ!

開運財布という事だ。母は桃色二つ折り、私は黄色で長財布。

2人とも、縁起で桃とみかんと何かフルーツっぽいものが付いてる。

私は今年から桃なので(笑)、ちょうど良かったかも。みかんだし。

まさか出会うとは。これが神の力か縁結び。

晩御飯に大江戸さん行きました。

カツ鍋とじセットみたいなの食べました。お腹いっぱい・・


昼ご飯は無かった事にしました。

以上。



by ayumikantarou | 2019-01-14 21:06 | 【京都】気ままに歩く | Comments(0)

【京都】ComiConと舞妓舞台


2018年12月16日、日曜日。曇りのち雨。

京都ComiConへ行って来ました。

大阪・京都・神戸を中心にしてるオールジャンル同人誌即売会です。

昔、片足程度に突っ込んでました(笑)。

ですが行かなくなってから随分と経ちます。

今回は何年ぶりになるだろう、15年くらいかなぁ。どうなってるのかなぁ今、と。

どきどきしながら行ったんですが、なんとたまたま同期に会い。

その人も今回同じ様に久しぶりの参加らしかったんですが、

思い出話などで盛り上がる盛り上がる102.png

懐かしくて興奮しました。楽しかった!

ハンドメイドの勉強を始めたばかりなんですが、参加したらご一緒したいです。

さてそんなご縁のあとは、勧業館の中でぶらつくです。

お昼がまだだったんですが、来るまえに郵便局行って行列で待たされたりとかで遅くに来たので、もうすぐ15時になりそう。

お昼のタイミングを逃しつつ、この日はふれあい館で舞妓さんの舞台(15分程度で無料)があったので、観て帰りました。

こんな間近で観るのが初めてで、よさは分からないけど観れて良かったです。

ふれあい館は凄いな、伝統工芸品の数々に圧倒です。

何度でも来たくなる。定期的に舞妓さんと芸妓さんの舞台しています。

雨が降ってきそうでしたが、近くのロームシアター見物して、帰りました。

ファミマがあったのでおにぎり1個と井筒の八つ橋買って。おにぎりは地下鉄待ちの間に食べる。

見聞広めて頑張ろー☆



by ayumikantarou | 2018-12-16 21:35 | 【京都】気ままに歩く | Comments(0)

【京都】万華鏡ミュージアム寄る


2018年12月9日、日曜日。晴れ。

まずは、映画『裸の島』を観て来ました。
午前十時の映画祭9の昔の日本映画です。

作品は全然知らないですけど、新藤兼人監督。1960年代でモノクロ、モスクワの賞をとったとかで。

内容はシンプルに、島に暮らす一家の苦労話・・
というか、苦労レベルじゃあないなぁ、もっと酷で・・
何故こんな所で自給自足な生活を?・・
とかまあ、胸の内にとどめて、観た後は移動です。

映画館内で、ドラゴンボールの新作映画に因みクイズラリーやってたので、
お昼ご飯にケンタッキー食べながら、クイズの答え考えてました。

ギニュー特戦隊の残り一人が誰だったっけ・・
クイズの答えのもう一人のキャラ、何て名前だったっけ・・
とか、結局はネットで調べたとこもあったんですけど、
答えてステッカーもらいました。それはそうと、

バーダックって、悟空のお父さんだけど、ゴボウだったのか!!(笑)
ドラゴンBはサイヤ人(野菜)ですから、
悟空がカカロット(にんじん)なのだから、
根野菜じゃないのって推理はできました。その通り。

クリリンは栗なんだよね。知っていました。前に調べた事があったので。

さて、次は烏丸御池駅に降りて、

万華鏡ミュージアムに行きます。


f0379049_01465109.jpg

見た目、おしゃれなカフェといった感じです。

至る所に万華鏡があり、入るとまず入館料を払って荷物をコインロッカーに一時預けます。

中は展示スペース、国内外の作家作品、約300点の所蔵品コレクションの中から季節ごとにテーマを設け、常時50点程展示しているそう。
展示中の万華鏡はすべて直接手に取り自由に見れます。

舞妓はんの万華鏡とかがあったよ、クリスマス仕様もあったね。

手作りキットを売ってるミュージアムショップ、カフェなんかもあります。

ソフトクリームバニラ食べた。

オムライス、ピラフ、パウンドケーキやコーヒーがありますね。

ゆっくりと寛げそうです。

奥に写真展示がありました。それを見てからあとにします。

歩いて京都駅まで。寒いな~、少し。

途中に東本願寺にも寄って休憩して、

駅に着いて、伊勢丹でやってた、いわさきちひろさんの展示会に行って来たのです。

生誕100周年、『いわさきちひろ、絵描きです。』

京都の「えき」でやってました。

教科書とかでも見た事ないかな、子どもの絵とか、温かい絵を描くです。

黒柳徹子さんのトットちゃんの本の表紙も描いてます。

水彩画のタッチが優しそうで親しみが持てますー。

新出の資料も交えた約200点の展示品。そうです、結構な数がありました。

グッズも売ってて迷ったわ~。

ついつい時間がかかって遅くなりました。ふわ~。

もう夕ご飯の時間。やよい軒行ってすき焼き食べた。ゴチです☆



f0379049_01475722.jpg

ポケモンドーナツをミスドで発見し、手土産に。

ピカチュウもあったんですが、似てない!との理由でやめた(笑)。

前に買った時は似てたのに。誰が描いたぁ~w

連れは電車でウトウトと居眠りで降り遅れそうになりドアに挟まれる。

おかげで自分は乗り遅れなくてよかったが(コラッ)。

ちぃと疲れました。晴れててよかったけどね、です。


by ayumikantarou | 2018-12-09 20:39 | 【京都】気ままに歩く | Comments(0)

【京都】国際マンガM アートメイド



f0379049_00345162.jpg


2018年11月23日(金)、勤労感謝の日ですね。

京都国際マンガミュージアムに行ってきました。

はぁ久しぶり。入館料が800円要るのを覚えているよ。


旧・龍池小学校跡地にある日本最大の漫画博物館。

国内外の漫画に関する貴重な資料を集める日本初の総合的な漫画ミュージアムとして2006年11月25日に開館。
明治時代の雑誌や戦後の貸本などの貴重な歴史資料、現代の人気作品、世界各国の名作など約30万点(2011年現在)を所蔵。

2017年4月1日、荒俣宏が館長に就任、養老孟司は名誉館長に就任。


マンガが読み放題で、庭で寝転がって読めるんだなー。
ただし天気がよい日に・・

マンガ家さん達のサインがいっぱい書いたカフェがあるし。

紙芝居屋さんが来てて、黄金バットとか、楽しませてもらった。

目的は、マンガじゃなくて、この日にあった『アートメイド』、オリジナルマンガ、アート作品・手作り雑貨、アクセサリー、服飾系の即売会なんだけど、

30ブースくらいしかなくて、すぐに出てきちゃった・・

一番奥のスペースのサークルさんの前を通りがかったら、立てかけてあって並んでた商品小物が一列全部落ちた・・


何故。


自分が悪かったのか・・?
そんなはずは・・ごにょ。

まぁさておき、じっくりと見て回りました。
一回、来た事あったはず。忘れたけど。

マンガや雑誌の数が多いですー。
りぼんの付録が・・
学校の歴史が・・
似顔絵や原稿作成の実演が・・
お土産が・・

ずっと離れられなさそうなので、早めに出てきます!


f0379049_00345183.jpg


マミューちゃん、さよなら!

また来るね~!!ノシ



by ayumikantarou | 2018-11-23 19:33 | 【京都】気ままに歩く | Comments(0)

【京都】宇治へ― 興聖寺編


f0379049_11390481.jpg

2018年11月18日(日)、お昼食べた後の続きです。

宇治橋を通り、前回も行った、源氏物語ミュージアムへ行きました。



f0379049_12044904.jpg


行ってみてびっくり、何でもこの日は「関西文化の日」とやらで、
入館無料! いやっほーい♪でした。
他にも無料になる施設があるみたい。
お得感いっぱいで入ります。


f0379049_12045514.jpg

観てきたよ再び、上映。
話にうまく入っていけませんでしたが、まあいいか・・
食べた後だから眠いのなんのって・・
連れは半分寝てました(笑)。

見物した後、外出たら、曇り空。あらら・・

次へ向かいます。

ここで悲劇(?)が。

宇治上神社へ行きました。

そこでもらった紙を読むと、衝撃的な事実が。ばばーん・・

『神道では「死」を「穢れ(けがれ)」つまり忌み嫌うもの、不浄なものと考えるため、身内に不幸があった家の人間は鳥居をくぐることは出来ないとされています。



(- -) がーん。


まれに裏技情報として「鳥居をくぐらなければお参りしても良い」という意見がありますが、それは屁理屈というもので全く通用しない考え方です。



(- -) なんだとー


穢れ、不浄の状態で神様に近づいてはいけない、ということです。』


知らなかった・・

いや、忘れてたのか・・

今年、ばあちゃんが亡くなって、全然気にしてなかった。がびーぬ。

え? どうなの? 行っちゃいけないの? 教えてよセニョール!!

神社へ着いたものの、はっきりと分からなかったため、自粛しました。

しまった、鳥居はくぐっちゃったよう・・

神社は参拝やめました。寺はいいらしい。少し安堵・・

後で調べましたが、

基本的には、身内の方が亡くなったという不幸があった場合、「翌年の初詣は出来ない」と言われていることも多いようですが、「神社は50日の忌中があければ大丈夫」らしいです。

(- -) じゃあ、参拝してもまあOKだったんだな。そっか。

その地域の風習に従うのが一番だとか。なるほど。

両親が亡くなった場合は13ヶ月の間、神事への参加を禁止するところもあるようで、

一般的には忌中は50日(仏教では49日)であけるため、それ以降であれば神社へも初詣に参拝して問題ないとされることが多いようです(忌中とは、身内の方が亡くなった家の人が忌み慎む期間)。

はぁ勉強になった・・

ついでに年賀状ってどうなの? ってのも調べてみると、なんか複雑・・

二親等までは身内の不幸で基本的にお祝い事は避けるべきなのは分かった・・

ついでに、おせち料理やお年玉も避けていいらしい。へー、そうなの。

おせちは普通のお料理として、お年玉は「書籍代」として渡すなんてやり方があるそうだ。
なるほろー。

(- -) 年賀状来たら返信で寒中見舞いでも送ればいいか・・

さて、神社へ行くのをやめた私は、興聖寺へと行きました。

紅葉が名所と聞いたが、あんまり無い(汗)。

以上。

そんなー。


f0379049_15250529.jpg

朝霧橋、橘橋を渡り、途中でカバンから落とした帽子を親切なおじちゃんに拾ってもらい、

平等院の表参道で抹茶の飴だけお土産に買って帰りました。

そうです、宇治といえば平等院鳳凰堂。だが前にそこだけ行った事があるので、時間的にパスしたのでした。

じっくりと宇治を観光した事がなかったですが、今回で2回目、このあたりをだいたい把握できました。

できたら紅葉たくさんの時に来たかったなー、残念。

特にこれといってないような所でしたが、のんびりと行ってみたらいいです、きっと。



帰ってからもらってきた案内を読んでて、

「永代供養塔」のご案内に終活を考えていたんですが、

うーん、「このお寺が気に入った方でしたら、宗派を問わず納骨する事が出来ます」とありますが(しかも蛍光マーカーで字をなぞってる…)、

永代過去帳に記載、石板に戒名を刻み込みで供養する場合の方が高い方で、合計35万円か・・

場所はいいなぁ、静かだし周りの店は抹茶ばかりで緑だし・・

(- -) おいおい、オイラまだ〇歳だぞ←

パフェ食べにまた来るね、宇治♪


f0379049_15250958.jpg



by ayumikantarou | 2018-11-18 22:15 | 【京都】気ままに歩く | Comments(0)

【京都】宇治へ― 黄檗の萬福寺編



f0379049_15243304.jpg


2018年11月18日(日)、黄檗編の続きです。

黄檗山、萬福寺に行って来ました。

『黄檗宗は、中国・明時代の高僧隠元隆琦禅師が1654年に日本に来られ、伝え、広めた禅宗の一派です。臨済宗の流れをくんでいるのですが、四代将軍家綱より許可を得て、宇治に黄檗山萬福寺を開くことにより、正式に黄檗宗が認められたのです。
萬福寺は中国明朝の伽藍様式を取り入れて、他の宗派にはない中国風な香りを感じることができる寺院です。』


公式サイト→こちら


f0379049_15243880.jpg

ハスかな、これは。
枯れてたみたいだけど、これもまた綺麗だなと・・
思ったので写真を1枚。


f0379049_15244160.jpg

HPより、歴史↓

『黄檗山萬福寺は1661年に中国僧 隠元隆琦(いんげんりゅうき)禅師 によって開創されました。


禅師は中国明朝時代の臨済宗を代表する僧で、中国福建省福州府福清県にある黄檗山萬福寺のご住職をされていました。
その当時、日本からの度重なる招請に応じ、63歳の時に弟子20名を伴って1654年に来朝されました。
宇治の地でお寺を開くにあたり、隠元和尚は寺名を中国の自坊と同じ「黄檗山萬福寺」と名付けました。


その後、幕府の政策等により、宗派を黄檗宗と改宗し現在に至ります。
日本でいう「禅宗」は、臨済宗、曹洞宗、黄檗宗の三宗に分類されています。


萬福寺の伽藍建築・文化などはすべて中国の明朝様式です。
美術・建築・印刷・煎茶・普茶料理、隠元豆・西瓜・蓮根・孟宗竹(タケノコ)・木魚なども隠元禅師が来られてから日本にもたらされたものであり、当時江戸時代の文化全般に影響を与えたといわれています。

中でも中国風精進料理である「普茶料理」は日本の精進料理(禅僧が日常食する質素な食事)とイメージが異なっています。
見た目も美しく盛りつけられる料理の数々は、高タンパク・低カロリーで栄養面にも優れ、席を共にする人たちと楽しく感謝して料理を頂く事に普茶料理の意味が込められています。』


f0379049_15244541.jpg
f0379049_15244976.jpg

f0379049_15245384.jpg

f0379049_15245630.jpg

魚の形をした開版(かいぱん)といいますが、時を報せる法具だそうです。

木魚の原形なんだって。へー。

でかいたい焼き(違)。


f0379049_15250030.jpg

いんげんまめ太郎・・

これは冒涜ではないだろうか。
隠元様、怒ってないよね、HAHAHAHAHA。

紅葉がちょっとだけありました。
まだ早いのかなー。

広くてのんびり。
じっくり見て回れば半日かかりそうかなー、多分。


ってな具合に、さあ午後からは宇治に行くぞーって、
その前に駅で、買ってたパンを食べる。
一言。

お腹がまんぷくじ!

はぁはぁ、何故かすごく言いたかった。年かな(ん?)。

ダジャレは1日1個まで・・

さて宇治に行きました。

今回で今年は2回目。なので写真も撮らず、
食べよーと思ってたパフェとかパフェとかパフェとかパフェ。

前回、はんなりカフェの憩和井(いわい)さんていう飴屋さんに行ってお昼代わりにハロウィンパフェを食べたんですが、

今回もパフェ食べよと思って行ったんですが、お腹すいてたので茶そばのセットにしました。

デザートに、ひやしあめのゼリーが付いてた。
だって飴屋さんだもの。しょうがの味や~。
風邪ひかないよーに~。

さすがにカツサンドとブリオッシュカネル食べて茶そばとかやくご飯食べて、


パフェ無理!(泣)


ま、また次回・・

源氏パフェとか鳳凰パンケーキとか季節のはんなりパフェセットとか、

(- -) どうやって食べたらいいんだ。げぷ。

お昼終わって、次へと向かいます。へけ。



by ayumikantarou | 2018-11-18 20:34 | 【京都】気ままに歩く | Comments(0)

【京都】宇治へ― 黄檗のパン屋編



f0379049_11485820.jpg

2018年11月18日(日)、晴れ。

京都、宇治巡り観光でした。宇治方面に向かいます。

まずは寄り道で、JR黄檗(おうばく)駅に降ります。

実は着く前、JR草津線で京都まで行く途中、石山駅の手前で緊急停止トラブル発生。

何でも嵯峨野線で転落事故があったせいで周辺の車両、同様に緊急停止してるそうです。

5分ほどの遅れの後に発進、ダイヤ乱れたなぁ。

石山駅で降りた若い女子、「落ちる神経わからんわ」と愚痴って去っていきましたが、

アンタ神経うんぬんじゃないだろ・・

転落事故といってもそれだけの情報で何がわかるというのか。
病気か飛び込みか事件かわからんでしょーが。

(- -) 私、いきなり白線上で倒れた女のコ見た事あるけどね。落ちなかったけどね。

何か嫌な予感なのかなぁ先ゆき大丈夫かなぁと少々不安なスタート。

きっと大丈夫だよ! うん!

輝く太陽とお空に誓って出発です。

京都駅から飛び乗ったのが、みやこ路快速で奈良行き。

知ってる人はお気づきかと思いますが、そうです、黄檗駅には止まりません。

まあいいやどっかで乗り換えようという事で、六地蔵で降りて次の普通電車を待ちました。

電車で観光巡りをすると、結構、罠があります。
都会に慣れてると、田舎で痛い目に遭います。知ってるね?
1時間に1本とか普通だし。まだこんな話はいいのですが、
いまだによく分かってないのが京都の地下鉄。
地下鉄と近鉄の、京都駅に降りるか降りれるかに乗った時。
近鉄で帰る時に国際会館行きに乗ったりするんですが、
あれって京都駅に降りたい場合どうなんの??

↑これ、本当に罠だよなぁ~
解説すると、

Q:『国際会館行きと書かれている近鉄電車を見かけたことがありましたが、近鉄は国際会館という駅は存在しているのですか? 路線図を見ても、国際会館という駅はありませんでしたし、京都で地下鉄に乗り換えて終点の国際会館まで行くという意味で解釈した方がいいのでしょうか?』

A:『その通りです。近鉄は京都市営地下鉄烏丸線と直通運転を行なっています。したがって、近鉄ではないので、路線図に書かれていないのです。竹田からは、京都方面の近鉄の駅には、行きませんのでご注意ください。
ちなみに運行されているのは、急行と普通で急行は近鉄竹田駅までは、近鉄急行の停車駅と一緒で竹田からは烏丸線の各駅に止まります。』

A:『竹田駅から地下鉄烏丸線に入りそのまま終点の国際会館駅まで行く列車です。京都駅も通りますが、そのルートで京都で降りると地下鉄料金も加算されて割高になるので要注意です。』

参考:ここ

ほら、そんな事です。
たぶん竹田で降りればいいんだな。そうだな?、って事で・・
ICOCA使ってるけど、気をつけないとな・・

今度必ず路線図の収録してるスケジュール帳を買おうと思います。
いつも持って行くけどね~
スマホ持ってないんでね~

長い前置きでしたが、黄檗駅に着きました。
ここって何があって、何処行ってきたの? と思われますが、2か所です。

1、京都で一番人気のパン屋
2、黄檗山 萬福寺

食べログで1位でしたっけ?
行列覚悟の人気のパン屋。
たま木亭」といいます。

JR黄檗駅から歩いて5分くらい行ったとこ、京都大学宇治キャンパスの真ん前です。

最初駅からどう向かうんだろうとキョロキョロしてたら両手に袋持って歩いてきた女子がいました。
パンだから袋いっぱいです。
わざわざ遠くから買い込んで帰っていく人もいます。
おそらく人気出たんで移転したんですね、新店らしいです。
駐車場が5か所くらいチラホラできているみたいでしたが、きっと足りません
電車で来ようよみんな、駅から近いんだし。
近くのスーパーオザキさんには迷惑かけないようにしよう!

ちなみに警備員? さんみたいな人が誘導してくれました。
自転車は縦向きだよ~
たま木亭、おそらく多忙のせいで定休日が増えました。
毎週月・火と増えて水。
朝7時から夜6:45まで。
開店時とお昼前は混むでしょうね。
夕方は人気パンが売り切れてるかも。
平日も並ぶらしい。大学前だし。

(- -) 行列の体験学習をしてくるわ!

↑そんなノリで、おさえておきたいパンを7種類ほどメモって、多分1時間くらいかかるだろうと予測し、
朝の10時すぎくらいに着いたんだけど、案外、思ってたほど時間はかからず。

店の前に並び、店に入ってから並んだ順番にパンを選んで取って、お会計。30分か40分くらいかかったろうか。そんなもんか時間。

予め、買うパンを決めていたから早かったかも。

買うつもりだったパンが7種、
・パンシュー
・ベーコンハース
・カツサンド
・硬焼きバター
・ぐしけんパン
・ブリオッシュカネル
・ほうじ茶パン

人の紹介ブログからそのまんま信じて決めていたのですが、
これに加えて、間違ってほうじ茶パンのちょっと違うやつ、会計前にショーケースにあった焼きたてのクロワッサンを買いました。

持ち帰って午後も移動するので、クリーム類とかは、できれば避けた。

出入り口、入ってすぐに冷蔵庫にフルーツパンとかがあったけど断念。

おもち明太、チョコ、黒蜜ぅ~・・

迷いはすぐさま断ち切り、店を出る。まだまだ長いよ行列。
半端な時間でよかったかもですな。

この後、萬福寺に行ってから、駅で一部だけ食べました。

ブリオッシュカネル。

名前覚えられない。

シナモンと生クリームです。お菓子みたいです。


f0379049_11485820.jpg

プレーンでした。レモンとかもあったのです。

生地はふわっと、甘い!

美味しいなぁ、クリーム好きだー(叫)。

カツサンドも頂きました。梅ソースと大葉って聞いたけど。
まあ普通かな。冷蔵してあったけど。

あとはリュックに詰め込んでお土産。
「京都で一番人気(パン)買ってきたよおぉぉお~!」

おそらくベーコンハースとほうじ茶パンを翌朝焼いて食べましたが、

肉、旨かったです。パンは以上。



by ayumikantarou | 2018-11-18 19:46 | 【京都】気ままに歩く | Comments(0)

【京都】龍馬よさこい



f0379049_11240826.jpg


2018年11月11日(日)、京都駅にて。

10日から2日間、駅前広場で『龍馬よさこい18』イベントしてたそうです。

学生による「よさこい」の披露、坂本龍馬ゆかりの地のPR「大龍馬恋」観光展を同時開催。

通りがかった際にしてたんで見てきたんですが、

よさこいは人だかりで全然見れませんでした(涙)。

前の男の人が動画撮ってたんで後ろからそれ見てた(笑)。

ゆるキャラいたんで写真撮ったり。

地域ブースの横を通ると何枚か渡されたり。

長崎もらってきた。いいなあ、ハウステンボス行きたーい。

行き交う京都駅の人々・・

外国人がまだ作りかけのクリスマスツリーの写真を撮っていました。


まだ早いだろ・・


コインロッカー、どこも近場はいっぱいですね・・

初めて利用しようと探しましたが、ポルタ街の端っこでやっと空き見つけたけど、
後で何処だっけ?(汗)とか。ひいい~@@

京都の御朱印帳の展示、面白いです。
一部でしょうが、もっと知りたいな。全国とか。
御朱印よりも興味ありです。

一冊、何処かで買いたいんだよね。

これから年末にいくにつれて賑やかになっていきます。



f0379049_11240837.jpg



by ayumikantarou | 2018-11-11 20:20 | 【京都】気ままに歩く | Comments(0)

【京都】京都国際映画祭に遭遇



f0379049_22552693.jpg


2018年10月14日、日曜日。晴れでした。
京都国際映画祭やっていました。
やってた、って言い方に訳ありなんですが、
本来の目的は、みやこめっせでのぶんぐフェスタアートフェスティバル
勧業館にはかつて学生時代によくイベントで来ていたのですが、
ぶんぐフェスタ面白そうだなぁと足を運んで参りましたら・・



f0379049_22553258.jpg




よしもと芸人がライブやってる・・
どゆ事。

そりゃもう、京都国際映画祭ですよ(苦笑)。
3日間かけてしていたそうです。本日で3日め。
なんだとー
びっくりです。


タイムスケジュールを見て、見たいと思う芸人をまずチェック。
昼だったんですが、ここにいたらメイン行けないねという事で、
笑い飯さんの漫才見た後は、ひとまず13時からのライブまでに勧業館行ってこようという事になりまして、

お腹すいてたけど急いで行きました。

勧業館、みやこめっせは、ゆっくりと過ごした事は今までにありません。
どこに何があるかが全くわかりません。
手当たり次第に見てまわろうとする。


イベントがたくさんありました。

京都ぶんぐフェスタ2018+京都ぶんぐ屋台村2018
 →初日は京都で唯一の文具のお祭り「ぶんぐフェスタ」を開催。最終日はぶんぐ屋台村でお得に買い物ができる。

第13回 京都アートめっせ
 →世界の一流画材の紹介、アートワークショップ・舞妓さんを描こう。

アートフェスティバル BORDER!
 →アート作品、料理、ハンドメイド雑貨などさまざまなクリエイティブに出会う場。

第9回 日本習字 京遊会書展
 →古典を学ぶ書友たちの作品展。

第63回表美展
 →掛軸、額、屛風、ランプシェード「折灯華」などの展示・販売。

京都市民 秋の新築・リフォーム祭
 →新築・リフォームをお考えの方、必見! 住宅設備を展示し、耐震リフォームなどのセミナーを実施。

RDI・レナウンファミリーセール
 →関係者のみの、衣料品および食品・雑貨の販売。

下の2つ以外は見て回りました。
あと行ったのが、
京都伝統産業ふれあい館

京都の伝統工芸品73品目、約500点を一堂に集めたそうです。
友禅染でしょうか。広くてすいてて優雅。
入館料も無料だし、穴場なんですね、ここ。

定期的に、月に2回芸舞妓の踊りや歌、三味線などを披露してくれるイベントがあるそうです。
一度観てみたい。
素敵なとこ見つけた感。

平安神宮、岡崎公園、京都市美術館、京都国立美術館など。
ここ一体は巡る所がたくさんありますが。
また来たいなここも。


ぶんぐも、いっぱいチラシもらってきました。
勉強せにゃ!
家に放りっぱなしの画材、引っ張り出してこにゃ!
お腹すいたなぁ、ぐうぅ。食べ物売ってるけど、どうしようか~

悩みながら時間が押して去る。
また来るね~~ノシ


近いので余裕で間に合います。
会場に戻ってきたよ。
この辺を散策してみようかな、と美術館別館のまわりをウロウロとしていると・・




f0379049_22562328.jpg


なんか出てきました・・
こけし。




f0379049_22563490.jpg


バルーンなんですね・・
ぶったまげ!


八ツ橋で有名な西尾八ツ橋さんという甘味処も近くにありまして、
新店だそうで、じゃあ行ってみようと入りお土産にひとつ。
ショーケース見てたらお茶を下さいました。
さすが京都です。



f0379049_22573492.jpg


すっちーが、飴をばらまいてる。
1個だけ違うのがあったらしい。ふふ。


各メーカーさんとか、コラボで紹介してんですね。
着ぐるみのクマが出てきたり。
トークが盛り上がってます。




f0379049_22584666.jpg

飴買いました。400円。
アートめっせでは、アンケートに答えて提出すると抽選が引けて、ハズレでしたがミニスケッチ帳もらいました。
やった♪
もっとじっくり安い画材とか見つけたかったけどね~。
フリマ、楽しいなぁ、ワハハ。



f0379049_22585366.jpg

会場内にあるスタンプを集めると、ここでもクジが引けて、
残り少なかったけど、芸人ステッカーが当たりました。
コロチキさんにしよ。
あんまり興味ある人いないんだもん・・
コロチキさんは、以前に営業で近所のスーパーに来た事があって甥っ子達と楽しんで・・
まだ賞をとる前の話。

それはいいけど、何この行列!
スタンプ押すために帰り際、集中して行列。
うわぁ・・

嫌々ながら並ぶ。お腹すいた。
こうなったらもう食べない。
スタンプ押して帰る!
というね・・



疲れたので帰りましたが、
ほんとは、映画祭なかったら、他に立ち寄る予定があったのです。
まあいいや。
乙でしたぁ!!





by ayumikantarou | 2018-10-14 22:51 | 【京都】気ままに歩く | Comments(0)
トップ

何やかんやで記録しておく日常。
by あゆみかん熟もも
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログジャンル
カテゴリ
タグ
最新の記事
以前の記事
外部リンク
メモ帳
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル