画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:観光 ( 82 ) タグの人気記事

【京都】宇治へ― 興聖寺編


f0379049_11390481.jpg

2018年11月18日(日)、お昼食べた後の続きです。

宇治橋を通り、前回も行った、源氏物語ミュージアムへ行きました。



f0379049_12044904.jpg


行ってみてびっくり、何でもこの日は「関西文化の日」とやらで、
入館無料! いやっほーい♪でした。
他にも無料になる施設があるみたい。
お得感いっぱいで入ります。


f0379049_12045514.jpg

観てきたよ再び、上映。
話にうまく入っていけませんでしたが、まあいいか・・
食べた後だから眠いのなんのって・・
連れは半分寝てました(笑)。

見物した後、外出たら、曇り空。あらら・・

次へ向かいます。

ここで悲劇(?)が。

宇治上神社へ行きました。

そこでもらった紙を読むと、衝撃的な事実が。ばばーん・・

『神道では「死」を「穢れ(けがれ)」つまり忌み嫌うもの、不浄なものと考えるため、身内に不幸があった家の人間は鳥居をくぐることは出来ないとされています。



(- -) がーん。


まれに裏技情報として「鳥居をくぐらなければお参りしても良い」という意見がありますが、それは屁理屈というもので全く通用しない考え方です。



(- -) なんだとー


穢れ、不浄の状態で神様に近づいてはいけない、ということです。』


知らなかった・・

いや、忘れてたのか・・

今年、ばあちゃんが亡くなって、全然気にしてなかった。がびーぬ。

え? どうなの? 行っちゃいけないの? 教えてよセニョール!!

神社へ着いたものの、はっきりと分からなかったため、自粛しました。

しまった、鳥居はくぐっちゃったよう・・

神社は参拝やめました。寺はいいらしい。少し安堵・・

後で調べましたが、

基本的には、身内の方が亡くなったという不幸があった場合、「翌年の初詣は出来ない」と言われていることも多いようですが、「神社は50日の忌中があければ大丈夫」らしいです。

(- -) じゃあ、参拝してもまあOKだったんだな。そっか。

その地域の風習に従うのが一番だとか。なるほど。

両親が亡くなった場合は13ヶ月の間、神事への参加を禁止するところもあるようで、

一般的には忌中は50日(仏教では49日)であけるため、それ以降であれば神社へも初詣に参拝して問題ないとされることが多いようです(忌中とは、身内の方が亡くなった家の人が忌み慎む期間)。

はぁ勉強になった・・

ついでに年賀状ってどうなの? ってのも調べてみると、なんか複雑・・

二親等までは身内の不幸で基本的にお祝い事は避けるべきなのは分かった・・

ついでに、おせち料理やお年玉も避けていいらしい。へー、そうなの。

おせちは普通のお料理として、お年玉は「書籍代」として渡すなんてやり方があるそうだ。
なるほろー。

(- -) 年賀状来たら返信で寒中見舞いでも送ればいいか・・

さて、神社へ行くのをやめた私は、興聖寺へと行きました。

紅葉が名所と聞いたが、あんまり無い(汗)。

以上。

そんなー。


f0379049_15250529.jpg

朝霧橋、橘橋を渡り、途中でカバンから落とした帽子を親切なおじちゃんに拾ってもらい、

平等院の表参道で抹茶の飴だけお土産に買って帰りました。

そうです、宇治といえば平等院鳳凰堂。だが前にそこだけ行った事があるので、時間的にパスしたのでした。

じっくりと宇治を観光した事がなかったですが、今回で2回目、このあたりをだいたい把握できました。

できたら紅葉たくさんの時に来たかったなー、残念。

特にこれといってないような所でしたが、のんびりと行ってみたらいいです、きっと。



帰ってからもらってきた案内を読んでて、

「永代供養塔」のご案内に終活を考えていたんですが、

うーん、「このお寺が気に入った方でしたら、宗派を問わず納骨する事が出来ます」とありますが(しかも蛍光マーカーで字をなぞってる…)、

永代過去帳に記載、石板に戒名を刻み込みで供養する場合の方が高い方で、合計35万円か・・

場所はいいなぁ、静かだし周りの店は抹茶ばかりで緑だし・・

(- -) おいおい、オイラまだ〇歳だぞ←

パフェ食べにまた来るね、宇治♪


f0379049_15250958.jpg



[PR]
by ayumikantarou | 2018-11-18 22:15 | 【京都】気ままに歩く | Comments(0)

【京都】宇治へ― 黄檗の萬福寺編



f0379049_15243304.jpg


2018年11月18日(日)、黄檗編の続きです。

黄檗山、萬福寺に行って来ました。

『黄檗宗は、中国・明時代の高僧隠元隆琦禅師が1654年に日本に来られ、伝え、広めた禅宗の一派です。臨済宗の流れをくんでいるのですが、四代将軍家綱より許可を得て、宇治に黄檗山萬福寺を開くことにより、正式に黄檗宗が認められたのです。
萬福寺は中国明朝の伽藍様式を取り入れて、他の宗派にはない中国風な香りを感じることができる寺院です。』


公式サイト→こちら


f0379049_15243880.jpg

ハスかな、これは。
枯れてたみたいだけど、これもまた綺麗だなと・・
思ったので写真を1枚。


f0379049_15244160.jpg

HPより、歴史↓

『黄檗山萬福寺は1661年に中国僧 隠元隆琦(いんげんりゅうき)禅師 によって開創されました。


禅師は中国明朝時代の臨済宗を代表する僧で、中国福建省福州府福清県にある黄檗山萬福寺のご住職をされていました。
その当時、日本からの度重なる招請に応じ、63歳の時に弟子20名を伴って1654年に来朝されました。
宇治の地でお寺を開くにあたり、隠元和尚は寺名を中国の自坊と同じ「黄檗山萬福寺」と名付けました。


その後、幕府の政策等により、宗派を黄檗宗と改宗し現在に至ります。
日本でいう「禅宗」は、臨済宗、曹洞宗、黄檗宗の三宗に分類されています。


萬福寺の伽藍建築・文化などはすべて中国の明朝様式です。
美術・建築・印刷・煎茶・普茶料理、隠元豆・西瓜・蓮根・孟宗竹(タケノコ)・木魚なども隠元禅師が来られてから日本にもたらされたものであり、当時江戸時代の文化全般に影響を与えたといわれています。

中でも中国風精進料理である「普茶料理」は日本の精進料理(禅僧が日常食する質素な食事)とイメージが異なっています。
見た目も美しく盛りつけられる料理の数々は、高タンパク・低カロリーで栄養面にも優れ、席を共にする人たちと楽しく感謝して料理を頂く事に普茶料理の意味が込められています。』


f0379049_15244541.jpg
f0379049_15244976.jpg

f0379049_15245384.jpg

f0379049_15245630.jpg

魚の形をした開版(かいぱん)といいますが、時を報せる法具だそうです。

木魚の原形なんだって。へー。

でかいたい焼き(違)。


f0379049_15250030.jpg

いんげんまめ太郎・・

これは冒涜ではないだろうか。
隠元様、怒ってないよね、HAHAHAHAHA。

紅葉がちょっとだけありました。
まだ早いのかなー。

広くてのんびり。
じっくり見て回れば半日かかりそうかなー、多分。


ってな具合に、さあ午後からは宇治に行くぞーって、
その前に駅で、買ってたパンを食べる。
一言。

お腹がまんぷくじ!

はぁはぁ、何故かすごく言いたかった。年かな(ん?)。

ダジャレは1日1個まで・・

さて宇治に行きました。

今回で今年は2回目。なので写真も撮らず、
食べよーと思ってたパフェとかパフェとかパフェとかパフェ。

前回、はんなりカフェの憩和井(いわい)さんていう飴屋さんに行ってお昼代わりにハロウィンパフェを食べたんですが、

今回もパフェ食べよと思って行ったんですが、お腹すいてたので茶そばのセットにしました。

デザートに、ひやしあめのゼリーが付いてた。
だって飴屋さんだもの。しょうがの味や~。
風邪ひかないよーに~。

さすがにカツサンドとブリオッシュカネル食べて茶そばとかやくご飯食べて、


パフェ無理!(泣)


ま、また次回・・

源氏パフェとか鳳凰パンケーキとか季節のはんなりパフェセットとか、

(- -) どうやって食べたらいいんだ。げぷ。

お昼終わって、次へと向かいます。へけ。



[PR]
by ayumikantarou | 2018-11-18 20:34 | 【京都】気ままに歩く | Comments(0)

【京都】宇治へ― 黄檗のパン屋編



f0379049_11485820.jpg

2018年11月18日(日)、晴れ。

京都、宇治巡り観光でした。宇治方面に向かいます。

まずは寄り道で、JR黄檗(おうばく)駅に降ります。

実は着く前、JR草津線で京都まで行く途中、石山駅の手前で緊急停止トラブル発生。

何でも嵯峨野線で転落事故があったせいで周辺の車両、同様に緊急停止してるそうです。

5分ほどの遅れの後に発進、ダイヤ乱れたなぁ。

石山駅で降りた若い女子、「落ちる神経わからんわ」と愚痴って去っていきましたが、

アンタ神経うんぬんじゃないだろ・・

転落事故といってもそれだけの情報で何がわかるというのか。
病気か飛び込みか事件かわからんでしょーが。

(- -) 私、いきなり白線上で倒れた女のコ見た事あるけどね。落ちなかったけどね。

何か嫌な予感なのかなぁ先ゆき大丈夫かなぁと少々不安なスタート。

きっと大丈夫だよ! うん!

輝く太陽とお空に誓って出発です。

京都駅から飛び乗ったのが、みやこ路快速で奈良行き。

知ってる人はお気づきかと思いますが、そうです、黄檗駅には止まりません。

まあいいやどっかで乗り換えようという事で、六地蔵で降りて次の普通電車を待ちました。

電車で観光巡りをすると、結構、罠があります。
都会に慣れてると、田舎で痛い目に遭います。知ってるね?
1時間に1本とか普通だし。まだこんな話はいいのですが、
いまだによく分かってないのが京都の地下鉄。
地下鉄と近鉄の、京都駅に降りるか降りれるかに乗った時。
近鉄で帰る時に国際会館行きに乗ったりするんですが、
あれって京都駅に降りたい場合どうなんの??

↑これ、本当に罠だよなぁ~
解説すると、

Q:『国際会館行きと書かれている近鉄電車を見かけたことがありましたが、近鉄は国際会館という駅は存在しているのですか? 路線図を見ても、国際会館という駅はありませんでしたし、京都で地下鉄に乗り換えて終点の国際会館まで行くという意味で解釈した方がいいのでしょうか?』

A:『その通りです。近鉄は京都市営地下鉄烏丸線と直通運転を行なっています。したがって、近鉄ではないので、路線図に書かれていないのです。竹田からは、京都方面の近鉄の駅には、行きませんのでご注意ください。
ちなみに運行されているのは、急行と普通で急行は近鉄竹田駅までは、近鉄急行の停車駅と一緒で竹田からは烏丸線の各駅に止まります。』

A:『竹田駅から地下鉄烏丸線に入りそのまま終点の国際会館駅まで行く列車です。京都駅も通りますが、そのルートで京都で降りると地下鉄料金も加算されて割高になるので要注意です。』

参考:ここ

ほら、そんな事です。
たぶん竹田で降りればいいんだな。そうだな?、って事で・・
ICOCA使ってるけど、気をつけないとな・・

今度必ず路線図の収録してるスケジュール帳を買おうと思います。
いつも持って行くけどね~
スマホ持ってないんでね~

長い前置きでしたが、黄檗駅に着きました。
ここって何があって、何処行ってきたの? と思われますが、2か所です。

1、京都で一番人気のパン屋
2、黄檗山 萬福寺

食べログで1位でしたっけ?
行列覚悟の人気のパン屋。
たま木亭」といいます。

JR黄檗駅から歩いて5分くらい行ったとこ、京都大学宇治キャンパスの真ん前です。

最初駅からどう向かうんだろうとキョロキョロしてたら両手に袋持って歩いてきた女子がいました。
パンだから袋いっぱいです。
わざわざ遠くから買い込んで帰っていく人もいます。
おそらく人気出たんで移転したんですね、新店らしいです。
駐車場が5か所くらいチラホラできているみたいでしたが、きっと足りません
電車で来ようよみんな、駅から近いんだし。
近くのスーパーオザキさんには迷惑かけないようにしよう!

ちなみに警備員? さんみたいな人が誘導してくれました。
自転車は縦向きだよ~
たま木亭、おそらく多忙のせいで定休日が増えました。
毎週月・火と増えて水。
朝7時から夜6:45まで。
開店時とお昼前は混むでしょうね。
夕方は人気パンが売り切れてるかも。
平日も並ぶらしい。大学前だし。

(- -) 行列の体験学習をしてくるわ!

↑そんなノリで、おさえておきたいパンを7種類ほどメモって、多分1時間くらいかかるだろうと予測し、
朝の10時すぎくらいに着いたんだけど、案外、思ってたほど時間はかからず。

店の前に並び、店に入ってから並んだ順番にパンを選んで取って、お会計。30分か40分くらいかかったろうか。そんなもんか時間。

予め、買うパンを決めていたから早かったかも。

買うつもりだったパンが7種、
・パンシュー
・ベーコンハース
・カツサンド
・硬焼きバター
・ぐしけんパン
・ブリオッシュカネル
・ほうじ茶パン

人の紹介ブログからそのまんま信じて決めていたのですが、
これに加えて、間違ってほうじ茶パンのちょっと違うやつ、会計前にショーケースにあった焼きたてのクロワッサンを買いました。

持ち帰って午後も移動するので、クリーム類とかは、できれば避けた。

出入り口、入ってすぐに冷蔵庫にフルーツパンとかがあったけど断念。

おもち明太、チョコ、黒蜜ぅ~・・

迷いはすぐさま断ち切り、店を出る。まだまだ長いよ行列。
半端な時間でよかったかもですな。

この後、萬福寺に行ってから、駅で一部だけ食べました。

ブリオッシュカネル。

名前覚えられない。

シナモンと生クリームです。お菓子みたいです。


f0379049_11485820.jpg

プレーンでした。レモンとかもあったのです。

生地はふわっと、甘い!

美味しいなぁ、クリーム好きだー(叫)。

カツサンドも頂きました。梅ソースと大葉って聞いたけど。
まあ普通かな。冷蔵してあったけど。

あとはリュックに詰め込んでお土産。
「京都で一番人気(パン)買ってきたよおぉぉお~!」

おそらくベーコンハースとほうじ茶パンを翌朝焼いて食べましたが、

肉、旨かったです。パンは以上。



[PR]
by ayumikantarou | 2018-11-18 19:46 | 【京都】気ままに歩く | Comments(0)

【京都】南禅寺へ行く


f0379049_01211805.jpg

2018年9月23日、日曜日。秋分の日です。
京都の南禅寺に行って来ました。

山科駅で地下鉄の一日券を買って、そこから蹴上へ。

駅からすぐ、トンネルくぐって、どこだーと探りながら何とか。

金地院の前を通り、着いたっぽいです。

南禅寺かぁ~。

Wikipediaより、

南禅寺 (なんぜんじ)は、京都市左京区南禅寺福地町にある、臨済宗南禅寺派大本山の寺院である。
山号は瑞龍山、寺号は詳しくは太平興国南禅禅寺(たいへいこうこくなんぜんぜんじ)である。
本尊は釈迦如来、開基(創立者)は亀山法皇、開山(初代住職)は無関普門(大明国師)。
日本最初の勅願禅寺であり、京都五山および鎌倉五山の上におかれる別格扱いの寺院で、日本の全ての禅寺のなかで最も高い格式をもつ。


また、じゃらんnetの紹介では、

日本の禅寺のなかで最も高い格式を誇り、京都五山の上におかれる別格扱いの寺であった。
歌舞伎にもある石川五右衛門の伝説で有名な三門など,堂塔伽藍が並ぶ。
方丈庭園(名勝)は小堀遠州作の「虎の子渡し」と呼ばれ、江戸初期の代表的な枯山水庭園
予約をすれば、座禅などの体験も出来、南禅会館にて宿泊もできる。
2層からなる三門は高さが22mもある。
国宝の方丈は、大方丈と小方丈からなっており、ともに狩野元信狩野探幽ら狩野派の筆による襖絵がみられる。



f0379049_01212355.jpg
f0379049_01212804.jpg
f0379049_01213212.jpg
f0379049_01213658.jpg

f0379049_01520746.jpg
f0379049_01521308.jpg
f0379049_01521834.jpg
f0379049_01522297.jpg
f0379049_01522654.jpg

f0379049_01533980.jpg
f0379049_01534464.jpg
f0379049_01534736.jpg


坂が多いし、先に来ておいて正解だったと思う。
後に行くとすぐ疲れちゃいそう・・

時々に休憩しながら、階段やスロープを・・

本殿らしき場所で法要みたいなのが始まっていた。
どこからか入れるのかー? と探してみるが分かんない。
外から覗いて、拝む。

水路閣はドラマなんかで有名なんだよね。

大きくて広くて、結構ハード~~119.png

さて見回った後は、お昼ご飯だにー。


f0379049_01535156.jpg


隠れてるようにひっそりと、一休亭という所で一休うどんを食べました。

900円。名物みたいです。

山菜とエビ天ですね。おいしく頂きました。

狭い室内だけど、2階もあった事に後で気づいた。
サイン色紙が並んでたなぁ。
よくお茶を淹れにきて下さいました。はふあぁ~~。

食べてからは、そうそう、忘れかけていたけど、アレもやっていたのです、アレ。



f0379049_01540160.jpg

アメリカンフードフェスタ2018です。

露店が並ぶのだー。

肉の焼くニオイがー。

スパムおにぎりって何?

京都国際交流会館前でしてました。うあー、人が多いな~。

一周だけして足早に立ち去りましたとさ・・

だってお腹すいてないし。

まだこれから行く所があるので、蹴上駅に戻ります。





[PR]
by ayumikantarou | 2018-09-23 21:19 | 【京都】気ままに歩く | Comments(0)

【岐阜】リトルワールドの旅 6


さて最終回。
もう夕方頃に近づいていきます。
メキシコのサーカスは最後15時からなので、間に合えず早々に諦めた…。
トルコのイスタンブール辺りでのんびりしましょう。


f0379049_11290354.jpg

f0379049_11510984.jpg
f0379049_11511218.jpg

お金持ちにでもなった気分だ…。
階段の上り下りが辛くなってきました、しんどい119.png
もうちょっとだガンバレ自分。




f0379049_11512271.jpg
f0379049_11513023.jpg

タイ通過。
誕生日占い、ってのもあります。
タイは、象やなぁ。



f0379049_12032597.jpg


トロピカルフルーツ村がありました。

ドラゴンフルーツアイス 550円。
ココナッツアイス 400円。
パイナップルソフトクリーム 300円。

一番気になったのが、写真のランブータンとドリアンサイダーです。
ドリアンサイダーは2本、お土産用にしました。
どんなニオイがするんだろう。楽しみです。開封注意。

ランブータンは、果実ですが割ると白玉みたいなのが出てきて、さらにかじると中から銀杏みたいな種?が出てきます。
固いし苦いから種はやめておこう…。



f0379049_12032857.jpg
f0379049_12033260.jpg


韓国は、ささっと見て通過。よく見るからねぇ。
チマ・チョゴリとか着れます。

デーキャンプ場とか、サーカスをやってたであろう野外ホールが。
子どもが遊べる遊具もあるね。
日本に戻ってきたみたいです。おかえり~。


f0379049_12095708.jpg

ほら、山形県です。北や~。


f0379049_12092725.jpg


だだちゃって何だ。お茶、いや、豆?

お茶のような、でも豆だ、ザラザラ感でした。冷たくて美味しいな。

食べたあとはもう閉館の時間が迫ってくる。
急がなきゃあ(汗)。

本館があるのですが、急ぎ足で見学。結構、広かったー。


f0379049_12105734.jpg

お土産を急いで選び、韓国のり、各国のクッキー、キャラのプリントされたクッキー、綺麗な小物入れ、等々。

スタンプを集めて景品を頂いてきましたが、カエルのストラップ。
無事かえるとか、そんな意味かしらん。
カエル、嫌いです…。

さて、バスに乗り、帰宅しまーす。



f0379049_12102739.jpg

眠気を我慢しつつ、岐阜駅まで行き、鈴の屋で田楽の定食を食べました。
天ぷらに時間がかかりましたが、揚げたては美味しいです。
田楽は豆腐でした。味噌ダレがかかってます。
お膳が思ってたより大きくて驚きました。1,300円。本格やったんやね、っと。
レジで次回に無料になるサービス券をもらったけど、10月中に来る事があるだろうか。
まあいいや、ははは。

岐阜駅からの眺めは綺麗でした。
京都駅とかにもひけをとらないかもだな。
電車乗ると段々と人が減っていく。
田舎やけん…。

楽しかったなぁ、疲れたけど~。
何だかんだで一周できたな。よかった。
リトルワールド、プチ世界一周旅行でした。

ドリアンサイダーが楽しみだ…。フフフ。



リトルワールド 1へ戻る
2へ戻る
3へ戻る
4へ戻る
5へ戻る



[PR]
by ayumikantarou | 2018-09-16 22:15 | 【岐阜】気ままに歩く | Comments(0)

【岐阜】リトルワールドの旅 5


f0379049_11071083.jpg

ンデベレ?

しりとりで使えそうだなぁ…

と、ひとりごちて、進むと…


f0379049_11071755.jpg

幾何学模様の面白い建物が見えて参りました。
目を引くデザインですね。印象深かったです。


f0379049_11072220.jpg

二、ニシキヘビ…

きゃあ~~153.png153.png153.png

ヘビは無理だ、うん。

ワニ、ラクダ、ダチョウはイケそうです。よし。

この3つはセットがあったので、頼みました。


f0379049_11073013.jpg

3本セットで900円。
ラクダのソーセージ2ヶで400円。
ペアサイダーとかいう洋梨のジュースと。

手前の白い串がワニで、真ん中がラクダ、奥がダチョウです。
ワニは普通でしたが、ラクダは固かった。ダチョウは鳥っぽく柔らかい。
あんまり衝撃って事も無かったですな、ははは。
ソーセージは油っぽかった。

誰かヘビの食べた感想聞きたいな。食べたくないし。

アフリカンプラザでした。
ちなみに「ハマム・マッハシ」は2,000円もしますが、ハトのお腹にサフランライスを詰めて蒸し焼きにした料理らしいです。パーティーにどうぞ。


f0379049_11072667.jpg

実は、空いた席に座った時に壁の隅っこにいたんです、こいつ(汗)。
蜘蛛ですかね?
大人しくしていればきっと大丈夫だろうと騒がず。


f0379049_11255288.jpg


ごちそうさまです、ワニ君。


f0379049_11255611.jpg


f0379049_11260014.jpg

迷路みたいでした。



f0379049_11260518.jpg
f0379049_11261086.jpg


f0379049_11284484.jpg

ネパールの仏教寺院、インドへと進みます。

ネパールのマニ輪というものがあるのですが、時計回りに順番に回すとお経を1回読んだのと同じ功徳が得られるらしい。
やってみました。これでええのかな?
何度でもやっていいらしいです。


f0379049_11284903.jpg

f0379049_11285350.jpg


3つのサイコロを使って占うブータンのおみくじがあります。



f0379049_11285816.jpg

店があって、また賑やかになってきました。

トルコアイスを売っていました。あの、のびるやつ?


f0379049_11511766.jpg


本場もんです、という事で注文。作っているお兄さんが驚かして楽しませてくれます。
食べてみてびっくり、お餅みたい、でも違う。のびる~~!(喜)

これが本物か…!と学習して美味しく頂きました。また食べたーい!

しかし暑いな、喉がすぐ乾く。

芝生広場でドッグランしてるみたいです。
犬連れの人も結構いましたね、道中に。


さて、日本に近づいていきます。


リトルワールド6へ進む

リトルワールド 1へ戻る
2へ戻る
3へ戻る
4へ戻る




[PR]
by ayumikantarou | 2018-09-16 22:06 | 【岐阜】気ままに歩く | Comments(0)

【岐阜】リトルワールドの旅 4


f0379049_12124961.jpg
f0379049_12125475.jpg


さて、ヨーロッパ地方へやって来ました。
ドイツ、バイエルン州の村。聖ゲオルグ礼拝堂です。
内部に美しい宗教画があるそうで。


f0379049_12125894.jpg
f0379049_12130263.jpg
f0379049_12130830.jpg

f0379049_12164952.jpg

一緒に入って来た、親子連れの会話で、「本物知ってるから作り物感が…」とほざいておりました。
分かってますよそんな事!
ここに来る前に駅で、昨日はスペイン村行ったとか言ってた親子もいました。
皆、リッチだな!(笑)

この辺りに来ると、段々と人が増えて、賑やかになってきました。


f0379049_12165441.jpg
f0379049_12165997.jpg

今、肉フェスタやってます。
目星をつけておいたのがあります。探してみよう。
焼いている匂いがどこかしこから。食欲が~~。

f0379049_12170391.jpg

これ、食べてみようかな。
アッロスティチーニ、羊の肉らしいです。
しかし中は満員。串一本だけの注文なのに、できるのが遅いです…。

奥の席で酔っ払いか、物を落として割ったよ。あらら。


f0379049_12170793.jpg

塩のつけすぎでないかなぁ。辛い。
何もつけなくていいよ~ぅ(涙)。


f0379049_12303248.jpg

イタリアのアルベロベッロで羊肉を食べたばかりで、どうぶつ広場に来ました。
さっきはごちそうさまと、ひと言。


f0379049_12310302.jpg
f0379049_12313331.jpg
f0379049_12320370.jpg
f0379049_12323396.jpg

f0379049_12350536.jpg
f0379049_12350657.jpg

f0379049_12360596.jpg
f0379049_12361050.jpg
f0379049_12361483.jpg



そろそろ足が疲れてきました。
やっと半分くらいでしょうか、ふえぇ~@
次は、アフリカ地方です~。


リトルワールド5へ進む

リトルワールド 1へ戻る
2へ戻る
3へ戻る



[PR]
by ayumikantarou | 2018-09-16 21:45 | 【岐阜】気ままに歩く | Comments(0)

【岐阜】リトルワールドの旅 3



f0379049_11492798.jpg

アルパカ?

ペルー付近にいます。
まだ園内の半分も行ってない…。


f0379049_11492767.jpg

これです、エケコ人形とやら。

福を招くそうです。
何でも、人形に叶えたいものを背負わせると叶うんだとか。
オジちゃんなんですねぇ。


f0379049_11493533.jpg

何してるかといえば、スコール体験のようです。


f0379049_11493958.jpg
f0379049_11494446.jpg

暑くなってきたなぁ、ふわあ~。


f0379049_11570956.jpg
f0379049_11571558.jpg
f0379049_11571985.jpg
f0379049_11572326.jpg
f0379049_11572798.jpg

f0379049_11583986.jpg
f0379049_11584472.jpg
f0379049_11584843.jpg


ミクロネシアにポリネシア。
ちらほらと、まるでハワイにでも来たみたい。


f0379049_11585315.jpg

お、奥に行列が。
どうやらお店みたいです、喉かわいたな。何か飲もう。


f0379049_11590074.jpg

ハイビスティ。
甘くないです。ハイビスカスかな?
さっぱりとして、梅みたいです。
しかし安い、100円や200円で買えちゃう。


f0379049_12050603.jpg
f0379049_12051050.jpg
f0379049_12051459.jpg
f0379049_12051885.jpg



漫画でなら見た事はあるな、昔のお金。
冗談じゃないよねー(笑)


さて、南国気分はここまでです。
次回は、ヨーロッパだ!



リトルワールド4へ進む

リトルワールド 1へ戻る
2へ戻る




[PR]
by ayumikantarou | 2018-09-16 21:30 | 【岐阜】気ままに歩く | Comments(0)

【岐阜】リトルワールドの旅 2


f0379049_11201358.jpg
f0379049_11201395.jpg
続きです。
ここには、十字架があったみたいですね。強風で倒れちゃったみたい。
今年は台風や水害など、自然災害で大変です。

さあ、一気に行くよ!



f0379049_11254076.jpg
f0379049_11254826.jpg
f0379049_11255596.jpg
f0379049_11260066.jpg
f0379049_11260757.jpg


f0379049_11285866.jpg
f0379049_11285870.jpg
f0379049_11290463.jpg

トーテムポールです。

北アメリカ大陸の太平洋に面した北西沿岸部に住む先住民の多くが、彼らの家の中、家の前、あるいは墓地などに立ててきた、柱状の木の彫刻で、人々の出自、家系に関わる紋章や、彼らが伝えてきて、かつ「所有する」伝説、物語の登場者などを彫刻したもの。

聞いた事はあるけど、北アメリカだったんだね。そうかぁ~。


f0379049_11290841.jpg

f0379049_11291322.jpg
f0379049_11334531.jpg
f0379049_11335148.jpg
f0379049_11335505.jpg

ここにも変な絵があるなぁ、わはははは。



f0379049_11335942.jpg


f0379049_11394255.jpg

ペルー、大農業領主の家付近に来たんだけど、教会っぽいものがありますね。
行ってみましょう~。

f0379049_11395181.jpg
f0379049_11395988.jpg

ハロウィンだぁ(笑)
洒落てんなぁ。


f0379049_11400416.jpg

様々なものに刺激され、まだまだ続きます。


リトルワールド3へ進む

リトルワールド 1へ戻る



[PR]
by ayumikantarou | 2018-09-16 21:15 | 【岐阜】気ままに歩く | Comments(0)

【岐阜】リトルワールドの旅



f0379049_15324684.jpg

2018年9月16日の日曜日、晴れ。
岐阜県犬山の近くにある『リトルワールド』へ行って来ました。
野外民族博物館です。

Wikipediaさんから紹介すると、

リトルワールドは、愛知県犬山市にある、世界の家と暮らしをテーマとした野外民族学博物館。一部の施設は県境を跨いだ岐阜県可児市に位置しており、県境にはそのことを示す看板が設置されている。

大阪府吹田市万博記念公園内にある国立民族学博物館は屋内展示が主体であるのに対し、こちらは屋外主体で展開したものである。ただし、かなり大規模な屋内展示もある。


リトルワールド側が発表している敷地面積は123万平方メートルで日本のテーマパークでは第2位の敷地面積に相当する(3位は同じ名鉄インプレスが運営する博物館明治村)。 世界中の様々な動物の肉を味わうことができる「肉フェス」などのイベントを定期的に開催している。』

2位ですか、広いんですねー。

明治村が3位。1位は、と聞かれたら。ハウステンボスです。
思わず1位はディズニーランド!って答えてしまいそうですが、ブー!、7位です。

ここ見ればわかるよ→日本一面積が広い遊園地・テーマパーク

所要見学時間が2時間、って書いてあるんですが、絶対嘘だ。

(- -) そんなはずあるかー。

HPでしっかり行き方を調べておいて、レッツ☆ゴーです。
写真みて思い出しながら、ここに記録していきます。
Wikiさんにもいっぱい写真が載ってますね。自分も軽く100枚超えちゃったけどorz

まず、行き方・・

JR米原で降りて(ICOCAが使えなくなるから)、同じくJRの東海道本線・豊橋行に乗り、
9駅(新快速)で岐阜駅に着く。

駅を出ると、織田信長じゃないかと思われる像が見えた・・

f0379049_15324602.jpg
そういえば、車内から関ヶ原駅を見た時に武将の名前が並んだ看板見た。
どこからが岐阜なんだかな。
田舎の風景が窓からずっと見えた。座ってた付近、おしっこ臭いと通りすがった誰かが言った。
やっぱり?と思った・・

名鉄へは歩いて19分らしいけど、どこかなぁ・・
高架の上でキョロキョロしながら進んで行きました。案内、一応見つけて。
LOFTの近くや!と辿り着く。飲み屋は見つけるけど、飲食店はすき家しか見当たらなかったなぁ。
百貨店ぽい中のレストラン街にはありそうだけどね。
帰りはこの辺で食べて帰ろうかなーと思いながら、名鉄へ。

名鉄各務原線、犬山行。なんと2両。犬山駅まで19駅で35分ほどかかる。

コンビニで買っておいたおにぎりを車内で食べた。
朝は5時半起きで早かったし、もう9時半。お腹すいた(笑)

犬山駅に着くと東口から出て、すぐにバス停は見つかる。


f0379049_15324630.jpg
バス停のターミナル真ん中に、でん!と・・
山車?
岐阜だもんなぁ、高山祭とかあるよなぁ。うん。

名鉄犬山線・小牧線・広見線犬山駅東口から岐阜バス 約20分 490円。

490円。バスでは、おつりが出ません。
なんて面倒くさい・・500円にしませんか(- -)?




f0379049_15324609.jpg



歩くと、すぐ着きました。来たぜリトルワールド!
ワクワクします。
さあ、ゲートでチケットを買って、いざ!

大人・大学生 1,700円
シルバー(65歳以上)※保険証など証明書を提示 1,300円

高校生・留学生 ※学生証又は外国人登録証を提示 1,100円

小・中学生 700円

幼児(3歳以上) 300円

事前に入念に調べてきて計画を立て、まずはスタンプラリー帳を買う。
それから、HPであった5つの間違い探し。これをスタッフの人に伝えると、抽選クジが引け(ガラガラだけど)、白玉以外なら・・

白玉。

無念・・

年間パスポートとかの豪華賞品?が当たるチャンスでした。ぐっすん・・
でも全問正解みたいでした。最後の1つが分からず、粘ってやっと見つかってホッとした。
嬉し悲し、でした。


f0379049_01421876.jpg
f0379049_01423155.jpg
写真撮影~

済んだら、腹ごしらえだ!

ワールドバザールカフェへ行きました。


f0379049_01423770.jpg
山菜うどんと、ピロシキです。

f0379049_01424372.jpg
カレーの無い肉まんのようです(連れ談)。
空席が多い。おお・・?
ちょうど11時からメキシコサーカスやっているのですが、そのせいでしょうか?
奥には子どもが遊べるスペース。反対側には土産屋っぽい所がありました。


f0379049_01493091.jpg
f0379049_01493046.jpg


園内を周回するバスやタクシーがあるのですが、じっくり見て回りたいのでパス。
歩いて、頑張ります。

f0379049_01494168.jpg
まずは、沖縄。

f0379049_01494158.jpg
沖縄そばがあったみたい。
こっちのがよかったかな?


f0379049_01515801.jpg
民族衣装が着られるのですねー。
こっそり、パシャリ。
でも今着たら汗だくになりそうなんで(汗)。

f0379049_01520827.jpg
シーサー居たよ、シーサー!

通りまっせ~


f0379049_01543139.jpg
f0379049_01544247.jpg
f0379049_01544278.jpg
f0379049_01544248.jpg

北海道、アイヌ。



f0379049_01565689.jpg
f0379049_01570879.jpg
台湾でーす。

マップを見ながら、反時計まわりに進んでいきまーす。

北アメリカ、ペルー、アラスカ、インドネシアのバリ島へと・・

続きは、また。


リトルワールド2へ進む




[PR]
by ayumikantarou | 2018-09-16 21:00 | 【岐阜】気ままに歩く | Comments(0)
トップ

何やかんやで記録しておく日常。
by あゆみかんたろう
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログジャンル
カテゴリ
タグ
最新の記事
以前の記事
外部リンク
メモ帳
最新のコメント
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル